PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】アグベニューが2度目の戴冠、トルステニャクとの本命対決は「指導3」奪取の圧勝・女子63kg級即日レポート

(2017年9月1日)

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】アグベニューが2度目の戴冠、トルステニャクとの本命対決は「指導3」奪取の圧勝・女子63kg級即日レポート
eJudo Photo
クラリス・アグベニューとティナ・トルステニャクによる決勝戦

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブタペストで行われている世界柔道選手権は30日、日程第4日の男子81kg級、女子63kg級の競技が行われ、63kg級はクラリス・アグベニュー(フランス)が優勝した。アグベニューは2014年チェリャビンスク大会以来、2度目の世界選手権制覇。

トーナメントはアグベニューと、リオデジャネイロ五輪金メダリストのティナ・トルステニャク(スロベニア)の二強が順当に勝ち上がって決勝でマッチアップ。

アグベニューは2回戦でイヌバル・シェメシュ(イスラエル)を僅か7秒の大外刈「一本」に仕留めると3回戦はイザベル・プチェ(スペイン)を外巻込「技有」による優勢、準々決勝はバルドルジ・ムングンチメグ(モンゴル)を開始16秒の大外刈「一本」、準決勝はこの日好調のアガタ・オズドバ(ポーランド)を、エンジンをふかすことのないままGS延長戦「指導2」で危なげなく下して決勝進出。一方ケガを押しての出場と伝えられるトルステニャクは調子が上がり切らず、2回戦でクリスティナ・カバナ=ペレス(スペイン)を大外刈「技有」、3回戦でマグダレナ・クルサコワ(オーストリア)をGS延長戦の末に袖釣込腰「技有」、準々決勝でエイミー・リバシー(イングランド)を一本背負投「技有」、準決勝ではヤン・ジュインシュア(中国)を総試合時間9分に迫る接戦を「指導3」の反則で制して決勝進出決定。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.