PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】大荒れのトーナメントをランキング124位のヴィークツェルツァクが制す、優勝候補永瀬は膝を負傷し4回戦敗退・男子81kg級即日レポート

(2017年9月1日)

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】大荒れのトーナメントをランキング124位のヴィークツェルツァクが制す、優勝候補永瀬は膝を負傷し4回戦敗退・男子81kg級即日レポート
eJudo Photo
81kg級決勝、アレクサンダー・ヴィークツェルツァクがマテオ・マルコンチーニから片手絞「一本」

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブタペストで行われている世界柔道選手権は30日、日程第4日の男子81kg級、女子63kg級の競技が行われた。

男子81kg級は優勝候補の筆頭永瀬貴規(旭化成)が予選ラウンドで姿を消す波乱の展開。ダブラト・ボボノフ(ウズベキスタン)を畳に迎えた4回戦の開始34秒に大内刈を仕掛けた際に右膝を負傷、以降は立っているのがやっとの状態で、GS延長戦の末「指導3」で敗れた。日本男子の連続金メダルは4日目で途切れた。

トーナメントはシード選手8人のうち、準々決勝に残ったのが3名、準決勝には僅か1名しか進めないという柔道競技には珍しい大荒れ模様。唯一ベスト4に残ったリオ五輪王者ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)も準決勝で敗れ、決勝はワールドランキング124位のアレクサンダー・ヴィークツェルツァク(ドイツ)が同61位のマテオ・マルコンチーニ(イタリア)を破って驚きの優勝を遂げた。26歳のヴィークツェルツァクはワールドツアーの常連メンバーながら優勝歴がなく、2014年グランプリ・サムスンにおける2位獲得が最高成績。まさしく無印からの頂点獲得となった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.