PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】「2016年5月組」の勃興受けた序列再編ほぼ終了、新世代の王者は誰だ?・男子90kg級概況×有力選手紹介

(2017年8月31日)

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】「2016年5月組」の勃興受けた序列再編ほぼ終了、新世代の王者は誰だ?・男子90kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
90kg級実力推測マップ

→世界選手権特集ページに戻る

■階級概況

柔道界の顔として活躍したイリアス・イリアディス(ギリシャ)がリオデジャネイロ五輪を最後に現役引退。リオ五輪銀メダリストのヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)と、世界選手権で2回2位を獲得しているキリル・デニソフ(ロシア)のトップ選手2人も揃って100kg級へと階級を変更した。これら主役級以外にもリオ五輪組には階級を変えたり長期休養を継続している選手が多数おり、結果中心選手の顔ぶれは「ロンドン―リオ期」からがらりと変わった印象だ。

というわけでトップ層が一気に抜けた90kg級であるが、大きくレベルが下がったかというと、まったくそのような印象は受けない。実はこの階級の序列再編は五輪後ではなく、五輪への出場が内定した選手たちが大会出場を見合わせていた2016年春に既に始まっており、グランドスラム・バクー、グランプリ・アルマティ、ワールドマスターズ・グアダラハラと続いた「5月の3大会」で活躍した中堅たちの中から現在トップを張るまでに力を伸ばした選手が続出している。各選手の詳しいプロフィールは次項に譲るが、3大会を通して好成績を残したアクセル・クルジェ(フランス、バクー3位、アルマティ1位、グアダラハラ5位)、バクー大会2位のアレクサンダー・クコル(セルビア)、グアダラハラ大会2位のフセン・ハルモルザエフ(ロシア)らはその代表格だろう。

これら「2016年5月組」の急成長に加え、国内の事情で2016年から100kg級に転向していた若手の旗手ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)が今年から90kg級に復帰。リオ五輪で誕生した新たなスターであるベイカー茉秋(日本中央競馬会)とチェン・シュンジャオ(中国)の存在もあり、東京五輪に向けてこの階級の展望は極めて明るい。「人材厚き90kg級」という看板は、しばらくは安泰だ。

以下本大会の展望を簡単に述べたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.