PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】トルステニャクとアグベニューの勝ち上がり確実、決勝で両雄相まみえる・女子63kg級直前展望

(2017年8月31日)

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】トルステニャクとアグベニューの勝ち上がり確実、決勝で両雄相まみえる・女子63kg級直前展望
eJudo Photo
トルステニャク(白)とアグベニュー(青)の決勝対決が既定路線

→世界選手権特集ページに戻る

→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ(PDF)
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ/live結果(webページ)


エントリーは47名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手の配置のズレはなし。

ティナ・トルステニャク(スロベニア)とクラリス・アグベニュー(フランス)によるライバル対決が本階級最大の注目ポイント。2人のこれまでの対戦と本大会3日目までの決勝ラウンドの白熱した戦いぶり(「指導」では本戦決着がつかないレギュレーションが好結果を生んでいると観察する)を見る限り、かなりの熱戦になると期待してよいのではないだろうか。これまでの両者の対戦は地力と地力をぶつけ合う真っ向勝負であり、この2人の対決要素が階級全体の「ビースト化」に拍車をかけてきた。どちらかがこの土俵からおりてなんらかのロジックを勝負に持ち込むのか、それとも地力勝負を続けることでさらにこの傾向が進むのか、どちらに転んだとしても相当に面白い試合になるはずだ。

階級概況でも触れたとおり、この階級はシード選手が実力で絶対的優位に立っており、それ以外の選手が割って入る可能性は限りなく低い。率直に言って、シード選手の勝ちぶりを楽しむことが、この階級の序盤戦の観戦ポイントとなるだろう。

【プールA】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.