PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】永瀬貴規とハサン・ハルモルザエフの王者2人がプールCに同居、準々決勝で雌雄を決す・男子81kg級直前展望

(2017年8月31日)

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】永瀬貴規とハサン・ハルモルザエフの王者2人がプールCに同居、準々決勝で雌雄を決す・男子81kg級直前展望
eJudo Photo
81kg級は永瀬貴規とハサン・ハルモルザエフの一騎打ち構図。

→世界選手権特集ページに戻る

→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ(PDF)
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ/live結果(webページ)

エントリーは66名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手の配置のズレはなし。

ノーシードからのスタートとなる永瀬貴規(日本)が引いたのは、なんと五輪王者ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)と同じプールC。上下の山に分かれて配されはしたものの、準々決勝で早くも新旧王者による対決が実現する。ここを勝ち上がった選手がそのまま優勝を果たす可能性が高く、ここが事実上の決勝戦。まさしくトーナメントのハイライトだ。

絶対的な優勝候補でありながらリオデジャネイロ五輪で敗れた永瀬、ここに欠けていたものはいったい何だったのか。これを見つけ出して埋めることは単に永瀬一個の課題に留まらず、「単に競技力が高いだけでは勝てない」ことを十分意識し、王者を生み出すための処方箋を作り出さんとする日本の強化全体の最前線でもある。永瀬のグランドスラム東京大会への強行出場や冬季に敢行されたヨーロッパでの単独武者修行はすべてここに答えを出すために行われたものであり、今大会はいわばその「中間決算」の場。どのような結果に終わろうとも、ここから導き出されるアウトプットは非常な意味を持つ。全階級制覇継続中という比類なきプレッシャー、そしておそらくは審判の心も日本選手から離れ始めるという難しい状況はむしろ望むところのはずだ。永瀬の一挙手一投足から、目が離せない。

【プールA】
第1シード:アラン・フベトソフ(ロシア)
第8シード:エマニュエル・ルセンティ(アルゼンチン)
有力選手:アントワーヌ・ヴァロア=フォルティエ(カナダ)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.