PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】ドルジスレン悲願の戴冠、芳田司は延長戦で惜敗も2位入賞果たす・女子57kg級即日レポート

(2017年8月31日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】ドルジスレン悲願の戴冠、芳田司は延長戦で惜敗も2位入賞果たす・女子57kg級即日レポート
eJudo Photo
決勝、総試合時間13分に迫らんとする熱戦はドルジスレンが芳田司から腰車「技有」を奪って決着。

eJudo Photo
悲願の初優勝を果たしたドルジスレン。

ハンガリー・ブタペストで行われている世界柔道選手権は30日、日程第3日目の女子57kg級、男子73kg級の競技が行われ、57kg級はリオデジャネイロ五輪銀メダリストのドルジスレン・スミヤ(モンゴル)が優勝。日本代表は初出場の芳田司(コマツ)が決勝でドルジスレンに敗れて2位だった。初日、2日目と全階級で金メダルを獲得している日本は初めてのⅤ逸、しかし全階級でのメダル獲得は継続し、3日間6階級で5つの金メダルという素晴らしい滑り出し。

3位にはフランスの新エースのエレン・ルスヴォと躍進中のネコダ・スミスデヴィス(イギリス)が入賞した。

ロンドン五輪金メダリストのラファエラ・シウバ(ブラジル)は3回戦でテルマ・モンテイロ(ポルトガル)の裏投「技有」に沈んで予選ラウンド敗退、地元期待のヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)は3回戦でノラ・ヤコヴァ(コソボ)に小内刈「技有」で敗れた。今季躍進のクォン・ユジョン(韓国)は準々決勝でドルジスレンに背負投「技有」で敗れ、敗者復活戦でもモンテイロに屈して最終成績は7位だった。

入賞者リスト、芳田のコメントと準々決勝以降のスコア、3位決定戦以降と日本代表選手全試合の戦評は下記。

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左から芳田、ドルジスレン、ルスヴォ、スミス=デイヴィス

(エントリー51名)

【入賞者】
1.DORJSUREN, Sumiya (MGL)
2.YOSHIDA, Tsukasa (JPN)
3.RECEVEAUX, Helene (FRA)
3.SMYTHE-DAVIS, Nekoda (GBR)
5.MONTEIRO, Telma (POR)
5.ROPER, Miryam (PAN)
7.KWON, Youjeong (KOR)
7.LIEN, Chen-Ling (TPE)

芳田司選手のコメント
「正直、優勝を目指していたので悔しい気持ちでいっぱいです。決勝は長い試合になりましたが『なんとしても勝つ』と思って戦っていました。でも相手のほうが強かったかなと思います。今日の試合では、投げて取るというよりも『指導』や寝技とか、取り切れない柔道になってしまっていた。本当に悔しいですが、まだオリンピックまでは時間がある。この経験を繋げていきたいと思います。」

【準々決勝】
ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)○優勢[技有・背負投]△クォン・ユジョン(韓国)
ミリアム・ローパー(パナマ)○優勢[技有・小内刈]△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
芳田司○GS指導1(GS2:38)△レン・チェンリン(台湾)
エレン・ルスヴォ(フランス)○優勢[技有・大内刈]△ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)

【敗者復活戦】
テルマ・モンテイロ(ポルトガル)○優勢[技有・隅落]△クォン・ユジョン(韓国)
ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)○GS技有・大外巻込(GS0:18)△レン・チェンリン(台湾)

【準決勝】
ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)○背負投(1:22)△ミリアム・ローパー(パナマ)
芳田司○横四方固(3:56)△エレン・ルスヴォ(フランス)

eJudo Photo
3位決定戦、ネコダ・スミス=デイヴィスの一撃は「技有」、ミリアム・ローパーはこれで負傷し棄権を表明。

【3位決定戦】
エレン・ルスヴォ(フランス)○優勢[技有・送足払]△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
右相四つ。両者組み合うとサイドステップで場外に向かって移動。18秒、横移動からルスヴォがモンテイロの膝裏めがけて右足で送足払を放つと、巴投の予備動作にかち合わされた形となったモンテイロは自ら引き込むような形で畳に落ち「技有」。いきなりのビハインドとなったモンテイロは猛攻、巴投で引き込んでの腕挫十字固を度々仕掛けるが、自らも寝技を得意とするルスヴォはそれに応じて反対に抑え込みを狙って試合は都度膠着。結局、3分52秒に守りに入ったルスヴォに極端な防御姿勢の咎による「指導1」が与えられたのみでタイムアップ。フランスの新エース・ルスヴォがみごと銅メダルを獲得した。

ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)○棄権(1:53)△ミリアム・ローパー(パナマ)
デイヴィス、ローパーともに右組みの相四つ。19秒、気合十分のローパーが右釣り手で奥襟を叩きながら左小外刈。この巧みな一撃でデイヴィスを転がして主導権を握り、34秒早くもデイヴィスに「指導1」。ローパーは正面から巴投、隅返様に高く脚を蹴り上げる意欲的な一撃を見せて攻勢継続。
しかし1分16秒に様相一変。ローパーが右で奥襟、左で脇を差しながら得意の左小外掛に打って出るが、デイヴィス十分予期して待ち構え、捩じり返して浮落「技有」獲得。
もともとムラ気のローパーはこの一撃で一気に退潮。1分15秒にもスミスデヴィスの右奥襟に対抗して左小外掛を放つが、デイヴィス体捌き良く大内刈を合わせて叩き落す。これで2つ目の「技有」。この際デイヴィスは釣り手で相手の頭を上から抱えていたが、落ち際のローパーの首が不自然な方向に捩じられてしまった模様。ローパーは悲鳴を上げたまま立とうとしない。このまま棄権となり、スミスデヴィスの銅メダルが確定した。ローパーは元気いっぱいに試合を始め、ポイント失陥で委縮し、最後は負傷し、と良いところのない試合だった。

【決勝】
ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)○GS技有・腰車(GS8:56)△芳田司
左相四つ。ドルジスレンは組み手の左右を頻繁にスイッチしながら芳田と対峙、双方足を飛ばしながらの激しい組み手争いが続く。芳田は左大内刈や左内股を放ってドルジスレンを度々崩すが、ドルジスレンは芳田の作用足が外れたタイミングや自らが崩れて畳に伏せる瞬間の「際」に合わせて担ぎ技を放ち、カウンターを狙って展開を譲らず。2分21秒、芳田に故意に場外に出た咎で「指導」。以降、両者積極的に技を出すものの決着がつかず、試合はドルジスレンの「指導1」リードのままでGS延長戦へと突入する。延長戦に入っても大枠の構図は変わらないが、GS1分を過ぎたあたりからドルジスレンに疲労の色が見え始め、芳田これを受けて一気に加速。GS3分3秒には芳田が左大内刈で場外まで追い込み、ドルジスレンが堪えきれずに勢い良く倒れ込む場面が現出する。ポイントが与えられてもおかしくない一撃であったが、ドルジスレンに「指導」が与えられたのみで試合は続行される。以降も両者積極的に技を出すものの決定打には至らず、延長戦は6分を超える。ここで芳田が片襟の左大外刈に飛び込み、ドルジスレンを体側から激しく畳に叩きつける。決着の予感に場内悲鳴と歓声がないまぜになったどよめきに包まれるが、ここも主審はノーポイントの判断。両者額に汗が滲ませて激しく疲労した様子だが、互いに一歩も引かずに技を出し合い、延長戦はついに8分を超える大熱戦へと発展する。そしてGS8分56秒、ドルジスレンは左襟を持った状態から一気に右方向に腰を切ると、右手で芳田の頭をロックして右腰車。ドルジスレンがここまで取り置いた乾坤一擲の一撃に芳田勢い良く宙を舞い体側から畳に落下する。紙一重の判定であったが芳田の肩が僅かに畳に着いており、主審はドルジスレンの「技有」を宣告、合計試合時間は12分56秒、ドルジスレンが初の世界王者に輝いた。

eJudo Photo
2回戦、芳田司がルハグワトゴー・エンフリーレンから内股「技有」

【日本代表選手勝ち上がり】

芳田司(コマツ)
成績:2位


[2回戦]
芳田司〇横四方固(2:52)△ルハグワトゴー・エンフリーレン(モンゴル)
芳田が左、ルハグワトゴーが右組みのケンカ四つ。34秒、芳田は右へとスライド、相手に左前隅への移動を強いて左内股を撃ち込む。まずゆっくり揚げ、次いで巻き込んで「技有」。
その後引き手争いが続き、1分22秒ルハグワトゴーに「取り組まない」咎による「指導」。
直後、芳田は相手の右斜めから刈り足を差し込み、左大内刈。相手が崩れると潰し、下に潜り込んで後帯を抱え、横に回し落としてと粛々手順を進める。絡まれた脚を粘り強く引き抜き、横四方固に入り込むと相手は動けず。2分52秒「一本」。

[3回戦]
芳田司〇横四方固(3:55)△ヨアナ・ロギッチ(セルビア)
芳田が左、ロギッチ右組みのケンカ四つ。芳田は開始早々に釣り手で横襟、引き手で袖を掴むと内股フェイントの小内刈。さらに支釣込足に出足払と細かく足技で崩し続ける。実に1分半以上この二本捕まえた組み手を離さず攻め続け、ロギッチは徐々に消耗。
これが中断した直後のシークエンス、またも先に組まれたロギッチ一本背負投に打って出るが、芳田あくまで両手を掴んだまま受け、立たせて攻防を継続。3分10秒に左内股に飛び込むと、もはやロギッチにこれに耐える力は残っておらず。芳田は前に体を捨てながら相手の上体を引きずり出して「技有」。そのまま横四方固に抑え込んで「一本」。

[準々決勝]
芳田司〇GS指導1(GS2:38)△レン・チェンリン(台湾)
左相四つ、同所属の両者の対戦は一貫して膠着。芳田は左内股、大内刈に右袖釣込腰、レンは大内返に初動の早い横三角と常の相手ならば得点濃厚の技を繰り出すが、いずれも相手が予期して一手早く回避行動を打ち、決め切れず。GS延長戦2分を過ぎたあたりから芳田が片襟の左大外刈、右一本背負投と少々手立てを変えて連続攻撃。主審がこの攻勢を認めて試合を止め、レンに消極的との咎で「指導」を宣告。ようやく勝敗が決した。

[準決勝]
芳田司〇横四方固(3:56)△エレン・ルスヴォ(フランス)
芳田が左、ルスヴォは右組みのケンカ四つ。ルスヴォは33秒に組み手争いから抜け出して思い切りの良い右腰車を見せ気合い十分、以後も釣り手で奥襟を叩いて前進。一方の芳田は1分40秒からのシークエンスで引き手を得ると内股、出足払、大外刈と技を継いでルスヴォを場外にはたき出し、展開を譲らず。
残り49秒、ルスヴォは釣り手一本で襟を持ち、斜めから右大内刈を浅く入れるとそのままひとまず掛け潰れる。牽制のつもりの技であったか、これは明らかに安易。芳田見逃さず寝技を展開、腹越しに裾を掴んで2度自らローリング、3度目の降り際に頭を抱えて横四方固に抑え込む。ルスヴォ動けず「一本」。芳田はワンチャンスをしっかり生かして決勝進出決定

[決勝]
芳田司○GS技有・腰車(GS8:56)○ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)

※前述のため省略

文責:林さとる/古田英毅

※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

→世界選手権特集ページに戻る

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.