PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】橋本壮市が持ち味発揮して初優勝、日本男子は3日目も全階級制覇を継続・男子73kg級即日レポート

(2017年8月31日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】橋本壮市が持ち味発揮して初優勝、日本男子は3日目も全階級制覇を継続・男子73kg級即日レポート
eJudo Photo
橋本壮市とルスタン・オルジョフによる決勝戦

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブタペストで行われている世界柔道選手権は30日、日程第3日目の女子57kg級、男子73kg級の競技が行われ、73kg級では日本代表の橋本壮市(パーク24)が優勝した。橋本は初優勝、日本代表男子はこれで60kg級の髙藤直寿(パーク24)、66kg級の阿部一二三(日本体育大2年)に続き、初日からの3階級すべてで金メダルを獲得する快挙。

橋本は3回戦ではヤコブ・イェツミネク(チェコ)からクラシカルな体落で「一本」、準々決勝はロンドン五輪66kg級金メダリストのラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)を組み手争いの泥沼に嵌めて「指導2」対「指導3」の反則、準決勝では袖口を制して片手で押し込む「橋本スペシャル」と称するモダンな左袖釣込腰「一本」と、自らの持ち味を存分に発揮して決勝進出。決勝ではこの日絶好調で最大の難敵と目されたルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)に得意の密着を許さず、延長戦のワンチャンスを生かし体落「技有」を得て優勝を決めた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.