PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブタペスト世界柔道選手権2017特集】ティナ・トルステニャクとクラリス・アグベニューのライバル対決に期待・女子63kg級概況×有力選手紹介

(2017年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
【ブタペスト世界柔道選手権2017特集】ティナ・トルステニャクとクラリス・アグベニューのライバル対決に期待・女子63kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
63kg級実力推測マップ

→世界選手権特集ページに戻る

■階級概況

リオデジャネイロ五輪の金銀メダリストであるティナ・トルステニャク(スロベニア)とクラリス・アグベニュー(フランス)が階級のツートップ。両者は2015年アスタナ世界選手権、2016年リオ五輪と、2年連続で世界大会の決勝を争っている。両者はお互いに影響を与え合いながら「ビースト化」の道を邁進しており、他の有力選手を時間が経つほどに引き離していっているという印象。どちらもパワー柔道全盛の時代を迎えているこの階級を象徴する存在だ。競技力的にこの2人に次ぐ存在であるヤーデン・ゲルビ(イスラエル)と田代未来(コマツ)が欠場していることもあり、今大会ではよりこの2人の傑出ぶりが際立っている。

トルステニャク、アグベニュー、日本選手はなぜかちょうど「三すくみ」の関係となっており、アグベニューはトルステニャクに、トルステニャクは日本選手に、そして、日本選手はアグベニューにまったく勝てていない。今大会に日本は代表選手を派遣していないため、本来安定感に優れるトルステニャクがトーナメント途中で敗れる可能性は限りなく低い。アグベニューのトルステニャク以外に対する圧倒的な強さに鑑みても、両者が決勝戦で対戦することはほとんど既定路線と断ずることができるだろう。アグベニューは見るたびに力強さがアップしている印象があり、それに比例してトルステニャクとの試合内容が良くなってきている。アグベニューのリベンジなるか、それともトルステニャクが今回もアグベニューの挑戦を退けるのか、両者による決勝が本階級最大の見どころだ。

今大会の出場者のなかに前述の2人に牙が届き得るような選手はいないが、あえて注目選手を挙げるとすれば、マルゴ・ピノ(フランス)を推しておきたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.