PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】永瀬貴規とハサン・ハルモルザエフによる新旧王者対決に注目、トーナメントの鍵は永瀬の配置・男子81kg級概況×有力選手紹介

(2017年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】永瀬貴規とハサン・ハルモルザエフによる新旧王者対決に注目、トーナメントの鍵は永瀬の配置・男子81kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo

→世界選手権特集ページに戻る

■ 階級概況

あきらかに時代が変わった。ロンドンーリオ期の後半、永瀬貴規(旭化成)とともに三強を形成していたアブタンディル・チリキシヴィリ(ジョージア)とロイク・ピエトリ(フランス)が90kg級へと階級変更。それに取って代わる形でリオ五輪金メダリストのハサン・ハルモルザエフ(ロシア)がトップグループ入りを果たし、現在の81kg級は永瀬とハルモルザエフを頂点とした新たな序列が形成されつつある。そんな現状にあってファンが最も興味を惹かれるトピックは、「永瀬とハルモルザエフのどちらが強いのか?」という率直極まりない疑問ではないだろうか。

これが今大会における本階級最大のテーマであり、そして最大の見どころでもある。リオ五輪では永瀬が準々決勝で敗れたために直接対決は実現せず、両者が最後に対戦したのはハルモルザエフがブレイクするはるか以前、永瀬もまだ世界チャンピオンの座を射止めていなかった2015年5月のワールドマスターズ・ラバト大会1回戦だ。このときは永瀬が右小外刈「有効」で勝利しているが、ともに世界王者となって迎える今大会、果たしてどのような戦いが繰り広げられるのか、まことに楽しみというほかはない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.