PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】橋本壮市は比較的好配置、Aシード選手全員に「刺客」配され序盤戦は注目試合が頻発・男子73kg級直前展望

(2017年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】橋本壮市は比較的好配置、Aシード選手全員に「刺客」配され序盤戦は注目試合が頻発・男子73kg級直前展望
→世界選手権特集ページに戻る

→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ(PDF)
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ/live結果(webページ)

エントリーは73名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手の配置のズレはなし。

事前のシード予想の時点でも比較的バランス良く強豪選手が分かれていた本階級。ドローを経たこの段階でもノーシードの強豪選手がある程度均等に配置され、最終的にはどのブロックにも見どころのある、魅力的なトーナメントとなった。

まずは恒例であるシードから漏れた上位選手の配置を確認したい。
シード枠から外れた上位選手はラシャ・シャブダトゥアシヴィリ(ジョージア)、デニス・イアルツェフ(ロシア)、ムサ・モグシコフ(ロシア)の3人。ここに足技一発というある飛び道具的な武器を持つヴィクター・スクヴォトフ(UAE)を加えた4人までが、本階級のドローにおける注目選手と規定される。先に上記4人の配置を羅列しておくと、シャブダトゥアシヴィリがプールA下側の山、イアルツェフとスクヴォトフがともにプールB上側の山、モグシコフがプールC上側の山。これを前提に、プールAから順に組み合わせを解説する。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.