PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】歴史が変わった1日、志々目愛が絶対王者ケルメンディ倒し初優勝飾る・女子52kg級即日レポート

(2017年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】歴史が変わった1日、志々目愛が絶対王者ケルメンディ倒し初優勝飾る・女子52kg級即日レポート
eJudo Photo
決勝、志々目愛が角田夏実から内股「一本」

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブタペストで行われている世界柔道選手権は29日、日程第2日目の女子52kg級、男子66kg級の競技が行われ、両階級とも日本勢が優勝。52kg級では志々目愛(了徳寺学園職)が角田夏実(了徳寺学園職)との日本人決勝を制して初優勝を果たした。

志々目は準決勝で、優勝候補の大本命マイリンダ・ケルメンディ(コソボ)とマッチアップ。2013年リオ世界選手権、2014年チェリャビンスク世界選手権、2016年リオ五輪とすべて優勝し4年にわたって世界大会無敗(※2015年アスタナ大会は欠場)の絶対王者にGS延長戦の内股「技有」で土をつけて会場を驚かせると、決勝は角田にも内股「一本」で快勝。初戦のサラ・メネゼス(ブラジル)戦を皮切りに5戦すべてで投技を決める素晴らしい出来で世界の頂点を極めた。

2位入賞の角田も素晴らしい出来、得意の巴投と寝技に徹底的にこだわって5勝のうち寝技による一本勝ちが3、うち得意の腕挫十字固が2、残りの2勝が巴投によるものと持ち味を存分に発揮してのメダル獲得だった。世界選手権で銀メダル1度、銅メダル2度のエリカ・ミランダを消耗戦の末巴投「一本」に仕留めた試合は圧巻であった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.