PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブタペスト世界柔道選手権2017特集】初出場阿部一二三が「一本」連発、史上に残る圧勝で世界の頂点極める・男子66kg級即日レポート

(2017年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
【ブタペスト世界柔道選手権2017特集】初出場阿部一二三が「一本」連発、史上に残る圧勝で世界の頂点極める・男子66kg級即日レポート
eJudo Photo
決勝、阿部一二三がミハエル・プルヤエフから袖釣込腰「一本」

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブタペストで行われている世界柔道選手権は29日、日程第2日目の女子52kg級、男子66kg級の競技が行われ、66kg級では初出場の日本代表・阿部一二三(日本体育大2年)が優勝した。

組み合わせにも恵まれた阿部は豪快な「一本」を連発。準々決勝ではこの日絶好調のゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)を2分掛からぬ間に小内刈(「技有」)、大外刈(「技有」)、背負投(「一本」)と3度投げつける圧巻の試合ぶりを見せつけ、決勝では世界選手権で2大会連続銀メダル獲得中のミハエル・プルヤエフ(ロシア)を袖釣込腰「一本」で仕留めて優勝を決めた。

この日の阿部は6戦して5つの一本勝ち(1つの「指導3」反則による勝利を含む)、1つの「技有」優勢勝ちとまさに他を寄せ付けず。唯一一本勝ちを逃した4回戦のジョアオ・クリソストモ(ポルトガル)戦も背負投で2つ、小内刈で1つとなぜ「一本」が宣告されないのが不思議なほど強烈な「技有」を3つ奪っており、少なくともここ十数年の軽量級では覚えがないほどの圧倒的な勝ちぶりだった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.