PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブタペスト世界柔道選手権2017特集】日本勢2人はブロック分かれる好配置、ケルメンディへの挑戦権かけて角田がミランダ、志々目がクズティナと激突・52kg級直前展望

(2017年8月28日)

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。
【ブタペスト世界柔道選手権2017特集】日本勢2人はブロック分かれる好配置、ケルメンディへの挑戦権かけて角田がミランダ、志々目がクズティナと激突・52kg級直前展望
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ(PDF)
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ/live結果(webページ)

エントリーは52名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手の配置のズレはなし。 シードから漏れていた角田夏実(了徳寺学園職)はプールCを引き当て、優勝候補のマイリンダ・ケルメンディ(コソボ・プールA)や志々目愛(了徳寺学園職・プールB)とは決勝まで対戦しない、トーナメント表下側の山に配された。

また、角田と並んで組み合わせ抽選の結果が注目されていたナタリア・クズティナ(ロシア)は志々目と同じプールDに振り分けられ、アレクサンドラ=ラリサ・フロリアン(ルーマニア)がシードを務める上側の山へと配された。陣容を見る限りクズティナに抗し得る選手はおらず、この選手が準々決勝で志々目と対戦する公算が高い。

さて、ここからはシード選手と「刺客」という観点から有力選手の配置を見ていこう。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.