PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】阿部への刺客はザンタライア、アンは3回戦で因縁のバジーレと再戦・男子66kg級直前展望

(2017年8月28日)

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】阿部への刺客はザンタライア、アンは3回戦で因縁のバジーレと再戦・男子66kg級直前展望
eJudo Photo
優勝候補筆頭は阿部一二三

→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ(PDF)
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ/live結果(webページ)

エントリーは72名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手の配置のズレはなし。 シードから漏れていた上位選手3人は全員プールが分かれ、それぞれミハイル・プルヤエフ(ロシア)がプールB、ファビオ・バジーレ(イタリア)がプールC、ゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)がプールDに配された。阿部一二三(日本体育大2年)は上記3人のなかで相性的に最も厄介なザンタライアを引いてしまい、準々決勝での対戦が濃厚となった。阿部のライバルであるアン・バウル(韓国)も予選ラウンドの3回戦で当たる位置にリオデジャネイロ五輪決勝で敗れたファビオ・バジーレ(イタリア)が配置されており、優勝候補の両者がともに直接対決の前に山場が設けられた形だ。 ここからはプールごとに組み合わせを眺めていこう。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.