PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】「四強」の競り合い制して渡名喜風南が初優勝、近藤亜美は銅メダルを確保・女子48kg級即日レポート

(2017年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】「四強」の競り合い制して渡名喜風南が初優勝、近藤亜美は銅メダルを確保・女子48kg級即日レポート
eJudo Photo

→世界選手権特集ページに戻る

ブダベスト世界柔道選手権は28日、ハンガリー・ブダベストのラスロ・パップ・スポーツアリーナで開幕。初日は男女合わせて2階級の競技が行われ、女子48kg級では初出場の渡名喜風南(帝京大4年)が優勝。近藤亜美(三井住友海上)も3位に入賞し、日本勢が畳を席巻した。

トーナメントは、リオ五輪銅メダリストのガルバトラフ・オトゴンツェツェグ(モンゴル)、渡名喜、ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)、近藤の今大会の「四強」と目された強者が過たず勝ち上がり、ベスト4に顔を揃えるという手堅い進行。

ガルバトラフはいまひとつ動きに精彩を欠き、2回戦のフランチェスカ・ミラニ(イタリア)戦はGS延長戦「指導2」(GS1:08)の辛勝。しかし予選ラウンド最大の山場と目されたダリア・ビロディド(ウクライナ)戦を片手絞「一本」(3:02)、準々決勝のノア・ミンスカー(イスラエル)を横落「技有」で下して立ち直り、順当にベスト4入り。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.