PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

夙川学院、大成ら順当に勝ち抜け、南筑・素根輝は大将対決で髙橋瑠璃をあっという間の「一本」・第91回金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート②準々決勝

(2017年8月21日)

※ eJudoメルマガ版8月21日掲載記事より転載・編集しています。
夙川学院、大成ら順当に勝ち抜け、南筑・素根輝は大将対決で髙橋瑠璃をあっという間の「一本」
第91回金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート②準々決勝
取材・文:eJudo編集部

■ 準々決勝
eJudo Photo
夙川学院高の先鋒・阿部詩が広陵高の先鋒・飯田紀子から袖釣込腰「一本

夙川学院高(兵庫)○不戦1人△広陵高(広島)
(先))阿部詩○袖釣込腰△飯田紀子(先)
(先))阿部詩○袖釣込腰△八巻衣音(次)
(先))阿部詩×引分×中尾華奈(中)
(次)岡田萌×引分×吉田智美(副)
(中)新名寧々△袈裟固○古賀早也香(大)
(副)長谷川瑞紀○大内刈△古賀早也香(大)
(大)吉峰芙母絵

夙川学院高の先鋒・阿部詩が広陵高の先鋒・飯田紀子に1分9秒の背負投「一本」で勝利、夙川学院が早々にリードを得る。次戦の相手は重量級のポイントゲッター八巻衣音であったが、阿部は50キロ近い体重差をものともせず、相手が前に出てきたところに袖釣込腰を合わせて鮮やか「一本」、前戦から数えて合計7人抜きを果たす。阿部が続く広陵の中堅・中尾華奈と引き分けて2人差のリードを保ったまま畳を降りると、続いて畳に上がったのは夙川学院高の次鋒・岡田萌と広陵高の副将・吉田智美。この第3試合は両者近距離から技を出し合うも決定打なく引き分けに終わり、広陵は早くもエースの大将・古賀早也香を残すのみとなった。2人差のビハインドを負って畳に上がった古賀は、夙川学院高の中堅・新名寧々に対して積極的に前に出て圧を掛け、新名が崩れて畳に伏せると強引に体を被せて抑え込み、袈裟固「一本」を獲得して意地を見せる。

リードを「1」まで詰められた夙川学院高はここで副将の長谷川瑞紀が登場。この第6試合は序盤こそ組み手争いによる膠着状態が続いたが、中盤になると長谷川が奥襟を得て古賀の頭を下げさせるようになり、2分14秒までに古賀に「指導」2つが積み重なる。リードを得た長谷川は完全にペースを掴み、2分24秒に古賀を大内刈「一本」に仕留めてフィニッシュ。まず「指導」で勝利自体を確定させ、相手の体力を削り、その上で勝負技による「一本」を積み上げる。複数枚抜きを図る重量級選手への戦いとしてほぼ完ぺきな内容であった。夙川学院は大将・吉峰芙母絵を温存したままベスト4入り決定。

eJudo Photo
準々決勝、敬愛高の副将多田純菜が創志学園高の大将浦明澄の背負投を落ち着いて潰す。

敬愛高(福岡)○不戦1人△創志学園高(岡山)
(先)西村美穂×引分×岸本菜々美(先)
(次)都留麻瑞×引分×藤井志穂(次)
(中)安藤志津佳○出足払△古賀ひより(中)
(中)安藤志津佳×引分×小林静香(副)
(副)多田純菜×引分×浦明澄(大)
(大)中原爽

敬愛高はこの試合から先鋒に西村美穂を投入。これで先鋒の交代は2度目となり、大会初日に大活躍を見せた西尾果連、そしてパート決勝で2人を抜いた辻野瑠流伽と、抜き役がしっかりと仕事を果たしてバトンを繋いだ形だ。副将の多田純菜と大将の中原爽はともに予選ラウンドを不戦のまま終えており、選手温存の観点からは理想的な勝ち上がり。

先鋒戦と次鋒戦がともに引き分けに終わり、勝負が動いたのは中堅同士による第3試合。創志学園高の古賀ひよりの動きに合わせて敬愛高の安藤志津佳が右の足を払うと、古賀の体は一瞬宙に浮いて激しく畳へ落下。この切れ味鋭い出足払「一本」で敬愛が先制点を獲得する。安藤はさらに創志学園高の副将・小林静香としっかり引き分けてこのリードを固定、創志学園は1人差ビハインドで大将の浦明澄が登場することとなる。

迎え撃つは敬愛高の副将・多田純菜。この第5試合は凌ぐ側にとって戦い易いはずのケンカ四つであったが、終盤までお互いに技を出し合う積極的な展開。しかし決定打がないまま4分間が終了し、結果中堅戦で得たリードを守り切った敬愛高が不戦1人で勝利。準決勝へと駒を進めることとなった。

eJudo Photo
埼玉栄のエース富沢佳奈が激しく抵抗、佐藤陽子の大外刈を振り返してあわやポイント。

eJudo Photo
準々決勝、大成高の中堅永田かなが埼玉栄高の大将都結乃から小外掛「一本」。これで大成の勝ち上がりが決まる。

大成高(愛知)○不戦2人△埼玉栄高(埼玉)
(先)山内もも○背負投△上ノ原美玲(先)
(先)山内もも○優勢[技有]△渋谷萌々音(次)
(先)山内もも△袈裟固○佐藤星麗七(中)
(次)佐藤陽子○払巻込△佐藤星麗七(中)
(次)佐藤陽子○反則△富沢佳奈(副)
(次)佐藤陽子△払腰○都結乃(大)
(中)永田かな○小外掛△都結乃(大)
(副)山室未咲
(大)和田梨乃子

先鋒戦は大成高・山内ももが埼玉栄高・上ノ原美玲から袖釣込腰で「技有」を先行して好発進、勢い止まらず背負投「一本」も奪って貴重な先制点を挙げる。山内は続いて畳に上がった埼玉栄高の次鋒・渋谷萌々音からも2分37秒に袖釣込腰「技有」、さらに終盤にも袖釣込腰「技有」を追加して2人抜き達成。大成の後衛戦力を考えれば、試合の趨勢ほぼ見えた感あり。

埼玉栄高は続いて畳に上がった期待の1年生中堅・佐藤星麗七が意欲的な柔道を披露、畳に残った山内を追い詰め、54秒に大外刈「技有」、そのまま袈裟固に抑え込んで一本勝ち。ビハインドを「1」に詰めて追いすがる。しかし大成は中堅佐藤陽子があっという間の払巻込「一本」で佐藤星麗七を抜き返し、再び2人差をリード。後衛に3枚を残したまま埼玉栄の強力2枚が形成する得点ブロックに到達することに成功。

長年この世代の52kg級を牽引(※今夏から57kg級に転向)、埼玉栄の得点源であり精神的支柱である富沢は体重差50キロ、しかも圧力の差が出やすい右相四つの佐藤陽子に対して果敢な柔道を披露。54秒に首抜きの咎で「指導」失陥も、佐藤の圧力を背負投、あるいは大外返に変換して必死にチャンスを探し、1分58秒には驚きの体落「技有」獲得。焦った佐藤は安易な巻き込みが増え、試合の流れは富沢に傾く。しかし中盤以降はサイズの差が出始め、随所に圧力を染みさせた佐藤が「指導」を次々獲得。結果、「指導3」の反則で佐藤が勝利、ここに至って大成のリードは3人差となり、さすがに試合の趨勢は決した。

埼玉栄は大将都結乃がこれで3連戦となる佐藤陽子を払巻込「一本」に仕留めて追いすがるが、迎えた第7試合は大成の中堅永田かながこれ以上揉めさせぬとばかりにあっという間の小外掛「一本」で都を叩き落す。結果、不戦2人(3人残し)の大差で大成の勝利が確定、準決勝への切符を手にすることとなった。

埼玉栄は奮闘したが、金鷲旗の厳しいレギュレーションで上位対戦を勝ち抜くには戦力の厚さが足りなかったという印象。軽量の富沢がエースを張り続けたことにそのあたり端的であった。ただし今大会大活躍の佐藤を中心に1年生世代は粒も揃っており、サイズも揃う。「最後の大会に集中している」と本松好正監督が明言するインターハイ、そして来季以降の活躍が楽しみだ。

eJudo Photo
準々決勝、南筑高の大将・素根輝が帝京高の大将・高橋瑠璃から袖釣込腰「一本」

南筑高(福岡)○大将同士△帝京高(東京)
(先)上津原萌芽×引分×大森生純(先)
(次)古野彩佳○優勢[技有]△西原真緒(次)
(次)古野彩佳×引分×中村愛美(中)
(中)手嶋芙美代△横四方固○熊木悠花(副)
(副)草場菜々美×引分×熊木悠花(副)
(大)素根輝○袖釣込腰△高橋瑠璃(大)

南筑高の上津原萌芽と帝京高の大森生純による先鋒戦は厳しい組み手争いが続き、双方が「指導」2つを奪い合った末に引き分け。続く古野彩佳と西原真緒による次鋒対決も最終盤までポイントなしの拮抗した展開となったが、残り20秒に古野が意地の払巻込「技有」を奪取。そのまま優勢勝ちを果たし、南筑が先行に成功する。古野は続いて畳に上がった帝京の中堅・中村愛美に対しても、袖を絞り合う展開で我慢強く引き分けに持ち込み、リードを維持したまま畳を降りる。

このまま一気に押し切ってしまいたい南筑高だが、続く第4試合は帝京の副将・熊木悠花が南筑の中堅・手島芙美代から「技有」を奪ってそのまま横四方固「一本」を獲得。これでスコアはタイとなる。帝京としては次戦で1人差のリードを作り出して南筑の大将・素根輝に充てる枚数を増やしたいところだが、第5試合の副将対決は南筑・草場菜々美が必死の粘戦。結果この試合は引き分けとなり、スコアに差のないまま勝負の行方は大将同士の対決に持ち込まれる。

大会屈指の大駒、素根輝に対するは78kg超級の実力者・高橋瑠璃。いよいよ素根が高校カテゴリの一線級を相手にする一番とあって会場中の目がこの試合場に注がれる。高橋としては少しでも粘って素根の焦りを引き出したいところであったが、この試合は開始僅か30秒で素根の右袖釣込腰が決まって「一本」。「組んだら投げる」というシンプル過ぎるアクションだけで試合を終わらせた素根の規格外の強さに、観客席が大きくどよめく。

残ったスコアこそ僅差であったが、最後に素根が控える「一人差」の壁はあまりに高い。素根の強さと絶対性がさらに一段強く印象付けられた試合であった。

結果決まった準決勝のカードは、

夙川学院高 ― 敬愛高
大成高 ― 南筑高

の2試合となった。

※ eJudoメルマガ版8月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.