PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

本田里來が5つの一本勝ち並べて圧勝V、軽量級は大塚翔稀がしぶとく制覇・第14回全国小学生学年別柔道大会5年生女子即日レポート

(2017年8月20日)

※ eJudoメルマガ版8月20日掲載記事より転載・編集しています。
本田里來が5つの一本勝ち並べて圧勝V、軽量級は大塚翔稀がしぶとく制覇
第14回全国小学生学年別柔道大会5年生女子即日レポート
eJudo Photo
40kg級準決勝、大塚翔稀(福岡・安武道場)が古市梨子(熊本・松龍館柔道場)を寝技で攻め、横四方固「一本」に繋ぐ

第14回全国小学生学年別柔道大会は20日、北海道立総合体育館メインアリーナ(札幌市)で開催され、5年生女子は軽量級(45kg以下)で大塚翔稀(福岡・安武道場)、重量級では本田里來(福岡・東福岡柔道教室)が優勝した。ともに6戦して5つの一本勝ち、1つの「技有」優勢をマークする好内容での勝利だった。

両階級の決勝戦評と入賞者、優勝者のコメントおよび準々決勝以降の結果は下記。

■ 5年生女子40kg級
eJudo Photo
決勝、大塚は橋本翔歩を相手に先んじて袖を制し、袖釣込腰を連発

eJudo Photo
40kg級優勝の大塚翔稀

【決勝戦評】

大塚翔稀(福岡・安武道場)○背負投(2:55)△橋本翔歩(神奈川・小田原柔道協会)
決勝は橋本が左、大塚が右組みのケンカ四つ。大塚は組み手不十分ながらも右袖釣込腰を連発、先手攻撃で手数を積んで相手の焦りを誘う。53秒には組み際に左一本背負投に飛び込み、転がして「技有」奪取。
ビハインドを負った橋本はここから一段ペースアップ。右一本背負投に足技を交えながら圧力を掛け、たまらず掛け潰れた大塚に1分23秒「指導」。さらに1分51秒には片手の咎で「指導2」が宣告される。あと1つの「指導」で逆転勝利となる橋本は右への背負投に左体落と激しく技を積み、大塚がいつ陥落してもおかしくない情勢となる。しかし残り5秒、橋本の突進に合わせて大塚が背負投。橋本の体は止まらず転がって「一本」。リードをテコにさらに得点を上積み、勝負の流れをしっかりつかんだ大塚の初優勝が決まった。

【入賞者】
優 勝:大塚翔稀(福岡・安武道場)
準優勝:橋本翔歩(神奈川・小田原柔道協会)
第三位:平塚月碧(栃木・帝京豊郷台柔道館)、古市梨子(熊本・松龍館柔道場)

大塚翔稀選手のコメント
「優勝は十分出来ると思っていました。厳しい稽古を、他の人より多くやって来たと思うので、それが自信になりました。オリンピックで金メダルを取るのが夢です。次の次、18歳の五輪を本気で狙います。好きな選手は阿部詩選手と阿部一二三選手。技の切れがあって、度胸もある。自分もそういう選手を目指します。」

【準々決勝】

平塚月碧(栃木・帝京豊郷台柔道館)○優勢[判定]△村松舞琳(東京・鈴木道場)
橋本翔歩(神奈川・小田原柔道協会)○横四方固(3:00)△近藤こころ(徳島・藍住真導スポーツ少年団)
古市梨子(熊本・松龍館柔道場)○上四方固(3:00)△谷こはる(愛媛・三島柔道会)
大塚翔稀(福岡・安武道場)○横四方固(0:59)△鈴木ひらり(広島・八本松柔道教室)

【準決勝】

橋本翔歩○払腰(1:29)△平塚月碧
大塚翔稀○横四方固(0:41)△古市梨子

【決勝】

大塚翔稀○背負投(2:55)△橋本翔歩

■ 5年生女子40kg超級
eJudo Photo
40kg超級決勝、本田里來(福岡・東福岡柔道教室)が柔らかく大内刈、体落を連発して大木香凛(埼玉・育徳館柔道クラブ)を翻弄

eJudo Photo
本田が体落から押し込んで横四方固、これで「技有」を獲得する

eJudo Photo
40kg超級優勝の本田里來

【決勝戦評】

本田里來(福岡・東福岡柔道教室)○優勢[技有・袈裟固]△大木香凛(埼玉・育徳館柔道クラブ)
決勝は双方左組みの相四つ。本田がまず左大内刈、伏せた大木を体ごと押し込む先制攻撃。大木は左一本背負投を撃ち返すがこれはすっぽ抜け、本田は左内股、左大内刈、左体落と着々技を積む。敢えてスピードを上げ過ぎず、足を差し込んでじっくり崩しながら掛け続けるこの攻撃に大木は後の先を狙うことかなわず。1分19秒大木に「指導」。
ペースをつかんだ本田は両襟を握り、大内刈で攻撃継続。大木は右袖釣込腰で抗するが本田は全く崩れず、掛けた大木のみが畳に落ちて「待て」。
直後、本田がまたもや緩やかに左大内刈。大木が嫌がるとみるや股中に足を落とす体落の形で捩じり、大木はたまらず畳に崩落。この技にポイントは宣告されなかったが、本田はじわりと押し込んで袈裟固、主審は「抑え込み」を宣告。これは15秒で大木が逃れたが「技有」となる。
以降も本田はペースを変えず、緩やかに足を差し込んでは上半身を柔らかく崩す、鋳物の刀で押し切るかのような大内刈と内股を連続。大木は捌きかねて対抗策を打ち出せないまま時間が刻々過ぎ去る。最後は大木が大内刈から巴投に繋ぐ奇襲を見せたところでタイムアップ。本田が「技有」優勢で勝利を決め、初の全国タイトルを獲得した。

【入賞者】
優 勝:本田里來(福岡・東福岡柔道教室)
準優勝:大木香凛(埼玉・育徳館柔道クラブ)
第三位:坂口友莉亜(茨城・結城少年柔道クラブ)、中道咲桜(徳島・藍住真導スポーツ少年団)

本田里來選手のコメント
「優勝しようと思っていました。厳しい練習をして来たので、自信はありました。普段から自分より大きい相手に勝たなければいけないと意識していて、大型の選手を選んで稽古してきました。それが生きた大会だったと思います。将来の夢は、オリンピックで金メダルを獲ることです」

【準々決勝】

坂口友莉亜(茨城・結城少年柔道クラブ)○優勢[技有・背負投]△山下朋花(千葉・木更津柔道クラブ)
大木香凛(埼玉・育徳館柔道クラブ)○袈裟固(1:29)△鈴尾瑠衣(山口・宇部署ふれあい柔道教室)
本田里來(福岡・東福岡柔道教室)○袈裟固(2:57)△福嶋勇凪(兵庫・姫路中央柔道教室)
中道咲桜(徳島・藍住真導スポーツ少年団)○優勢[技有・内股]△大多和心(愛知・大石道場)

【準決勝】

大木香凛○大外刈(0:51)△坂口友莉亜
本田里來○隅返(0:44)△中道咲桜

【決勝】

本田里來○優勢[技有・袈裟固]△大木香凛


取材・文:古田英毅

※ eJudoメルマガ版8月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.