PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

一段力増したトーレスカミラが軽量級2連覇、重量級は村山福が初優勝・第14回全国小学生学年別柔道大会6年生女子即日レポート

(2017年8月20日)

※ eJudoメルマガ版8月20日掲載記事より転載・編集しています。
一段力増したトーレスカミラが軽量級2連覇、重量級は村山福が初優勝
第14回全国小学生学年別柔道大会6年生女子即日レポート
eJudo Photo
2回戦、トーレスカミラが江藤実桜(熊本・松龍館道場)から大外刈「一本」

学年別(5、6年生のみ)、男女別、体重別(2階級)で争われる第14回全国小学生学年別柔道大会が20日、北海道立総合体育館メインアリーナ(札幌市)で開催され、6年生女子は45kg級でトーレスカミラ(群馬・佐藤道場)、45kg超級で村山福(千葉・紅柔道少年団)がそれぞれ優勝した。トーレスは昨年の5年生女子40kg級に続く大会2連覇。

トーレスは5戦して4つの一本勝ちという素晴らしい出来。長い手足を生かした大内刈に内股、そして抜群のバランス感覚で他を寄せ付けなかった。伸びやかな柔道で頂点に立った昨年の長所をそのままに、投げる力をさらに増したという印象だった。

村山は払腰、背負投、横四方固と3試合連続の一本勝ちで勝ち上がると、準決勝では昨年の覇者・森静玖(茨城・一心館菅谷道場)に判定勝ち。決勝は吉井なつみ(岐阜・吉井道場)を内股「一本」に仕留め、こちらも5戦して4つの一本勝ちという快勝だった。

両階級の決勝戦評と入賞者、優勝者のコメントと準々決勝以降の結果は下記。

■ 6年生女子45kg級
eJudo Photo
決勝、森近颯が先んじて袖釣込腰を仕掛けて展開を繋ぐ

eJudo Photo
トーレスの大外刈が決まって「一本」

eJudo Photo
45kg級優勝のトーレスカミラ

【決勝戦評】

トーレスカミラ(群馬・佐藤道場)〇大外刈(0:36)△森近颯(静岡・和道場)
トーレス、森近ともに左組みの相四つ。トーレス組み付くと刈り足を差し入れて得意の左大内刈で激しく追う。森近これを一本背負投に変換して回避、さらに片手の右袖釣込腰で展開を繋ぐ。続く展開、再び放たれたトーレスの大内刈を森近が左一本背負投で流そうとするが掛け潰れ、21秒偽装攻撃の「指導」。30秒過ぎ、森近が左大内刈で追うとかわしたトーレスが左大外刈。長い脚を刈り込んで真裏まで力を伝え、仰け反った森近を抱くように叩き落して「一本」。柔らかさと体の芯の強さ、素材の良さを見せつけたトーレスが連覇を達成。

【入賞者】
優 勝:トーレスカミラ(群馬・佐藤道場)
準優勝:森近颯(静岡・和道場)
第三位:上野明日香(京都・KID'S大谷)、足立美翔(兵庫・真導館)

トーレスカミラ選手のコメント
「連覇は十分手が届くと思っていました。実際に出来て、うれしいです。課題は、組み手が下手なこと。襟を持つのが遅いし、すぐに切られてしまう。早く持って、自分寄りの組み手を作る技術をしっかり磨きたいです。得意技は大内刈と内股。(-好きな選手は?)松本薫選手です。技が切れて寝技も強い。将来の夢はオリンピックの金メダルです。両親はブラジル出身なのですが、『お前は日本で生まれたんだから、生まれた国の日本で目指しなさい』と言ってくれます。これからも頑張ります」

【準々決勝】

トーレスカミラ(群馬・佐藤道場)○払腰(0:26)△落合渚(三重・松阪市武道館柔道教室)
上野明日香(京都・KID'S大谷)○袈裟固(0:44)△青木美諭(広島・竹原柔道スポーツ少年団)
足立美翔(兵庫・真導館)○優勢[判定]△北野愛純(福岡・太宰府少年武道会)
森近颯(静岡・和道場)○上四方固(2:29)△島野芽李(東京・春日柔道クラブ)

【準決勝】

トーレスカミラ○優勢[技有・大内刈]△上野明日香
森近颯○優勢[判定]△足立美翔

【決勝】

トーレスカミラ○大外刈(0:36)△森近颯

■ 6年生女子45kg超級
eJudo Photo
決勝、村山福が開始早々に背負投、体落と技を継ぐ

eJudo Photo
村山の左内股に吉井なつみ逆らえず、「一本」

eJudo Photo
45kg超級優勝の村山福

【決勝戦評】

村山福(千葉・紅柔道少年団)〇内股(0:13)△吉井なつみ(岐阜・吉井道場)
試合が始まるなり村山が滑るように前進、安定感ある右背負投。そこから体落気味に体を捌くと足を振り上げて右内股に繋ぐ。村山の初動でいったん腰を深く入れられていた吉井は上体を捩じられると逆らえず、体を伸ばされたまま低空飛行で回旋「一本」。
 
【入賞者】
優 勝:村山福(千葉・紅柔道少年団)
準優勝:吉井なつみ(岐阜・吉井道場)
第三位:森静玖(茨城・一心館菅谷道場)、岡田莉咲(山口・大西道場スポーツ少年団)

村山福選手のコメント
「昨年は3回戦で負けてしまい、入賞出来なかった。優勝出来て、リベンジ出来て、すごくうれしいです。これまでの全国タイトルは、日整全国少年大会で獲った団体戦の優勝だけ。個人戦の大きい大会は初めてです。尊敬している選手は・・・中学3年生の兄です。柔道と相撲をやっていて、今日は相撲の大会で新潟に行っているのですが、兄を乗り越えることを目標に頑張っています。課題は、奥襟を持たれると頭が下がってしまうこと。こういうところを1つ1つ直していくことがレベルアップにつながるとお思います。将来はオリンピックで金メダルを獲りたいです。」

【準々決勝】

森静玖(茨城・一心館菅谷道場)○袈裟固(3:00)△廣島あおい(北海道・尚志館當摩道場)
村山福(千葉・紅柔道少年団)○横四方固(2:03)△寳条まり(群馬・前橋ジュニア柔道クラブ)
岡田莉咲(山口・大西道場スポーツ少年団)○内股(0:45)△蚊口雪乃(東京・鈴木道場)
吉井なつみ(岐阜・吉井道場)○払腰(0:46)△石垣明衣(秋田・友唯心塾)

【準決勝】

村山福○優勢[判定]△森静玖
吉井なつみ○優勢[技有・送足払]△岡田莉咲

【決勝】

村山福○内股(0:13)△吉井なつみ



取材・文:古田英毅

※ eJudoメルマガ版8月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.