PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]桐蔭学園高が初の頂点、大会史上初の男女アベック優勝なる・第66回インターハイ柔道競技女子団体戦

(2017年8月11日)

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]桐蔭学園高が初の頂点、大会史上初の男女アベック優勝なる
第66回インターハイ柔道競技女子団体戦
eJudo Photo
決勝は代表戦決着。桐蔭学園高・朝飛七海がGS延長戦の末に帝京高の高橋瑠璃の支釣込足を振り返して浮落「技有」獲得。

郡山総合体育館(郡山市)で行われている第66回インターハイ柔道競技(平成29年度全国高等学校総合体育大会柔道競技・第66回全国高等学校柔道大会)は日程第4日のきょう11日、女子団体戦決勝までの競技が行われ、桐蔭学園高(神奈川)が初優勝を果たした。同校は今大会男子団体戦も制しており、大会史上初の男女アベック優勝達成。

この日の桐蔭学園は3回戦で高校選手権の覇者・夙川学院高(兵庫)、準決勝では金鷲旗高校大会を制した南筑高(福岡)と優勝候補を次々撃破。この2試合でいずれも一本勝ちを果たした先鋒朝飛七海が迎えた決勝の帝京高(東京)戦も大活躍、まず熊木悠花から開始早々に浮落「技有」を奪って横四方固で一本勝ちを果たす。さらに1-1のタイスコアで出動した代表者1名による決定戦では最重量級の強者高橋瑠璃を相手に怖じずに奥襟を叩き続け、4分の本戦を経たGS延長戦の開始早々に相手の支釣込足に鋭く反応、呼び込みながら捩じり返して「技有」を獲得。この一撃で初優勝を決めた。

入賞者と3回戦の結果、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
初優勝の桐蔭学園高

【入賞者】
優 勝:桐蔭学園高(神奈川)
準優勝:帝京高(東京)
第三位:創志学園高(岡山)、南筑高(福岡)
第五位:長崎明誠高(長崎)、埼玉栄高(埼玉)、常磐高(群馬)、比叡山高(滋賀)

【三回戦】

帝京高(東京) 3-0 津幡高(石川)
長崎明誠高(長崎) 2-0 広陵高(広島)

埼玉栄高(埼玉) 2-0 国分中央高(鹿児島)
創志学園高(岡山) 2-1 北海高(北海道)

桐蔭学園高(神奈川) ①-1 夙川学院高(兵庫)
常磐高(群馬) 0代-0 福井工大福井高(福井)

南筑高(福岡) 2-1 天理高(奈良)
比叡山高(滋賀) 2-0 磐城農高(福島)

【準々決勝】

帝京高 2-1 長崎明誠高
(先)熊木悠花△優勢[技有]〇大幸瞳子
(中)中村愛美〇優勢[技有]△井石あずさ
(大)髙橋瑠璃〇優勢[技有]△辻七海

創志学園高 2-1 埼玉栄高
(先)浦明澄〇上四方固(2:34)△佐藤星麗七
(中)古賀ひより△優勢[技有]〇富沢佳奈
(大)小林静香〇優勢[技有]△都結乃

桐蔭学園高 2-0 常磐高
(先)朝飛七海〇大内刈(0:36)△石綿咲希
(中)野澤知莉〇優勢[僅差]△嶌村千佳
(大)朝飛真実×引分×下山幸菜

南筑高 1-0 比叡山高
(先)古野彩佳×引分×足達実佳
(中)素根輝〇大内刈(0:23)△薬師山ひかり
(大)草場菜々美×引分×瀧川萌

【準決勝】

帝京高 2-1 創志学園高
(先)熊木悠花△後袈裟固(1:36)〇浦明澄
(中)中村愛美〇優勢[技有]△古賀ひより
(大)髙橋瑠璃〇大外刈(2:55)△小林静香

桐蔭学園高 2-1 南筑高
(先)朝飛七海〇大内刈(3:18)△古野彩佳
(中)野澤知莉△横四方固(0:43)〇素根輝
(大)朝飛真実〇優勢[技有]△草場菜々美

【決勝】

桐蔭学園高 ①代-1 帝京高
(先)朝飛七海〇横四方固(0:33)△熊木悠花
(中)野澤知莉×引分×中村愛美
(大)朝飛真実△横四方固(1:42)〇高橋瑠璃
(代)朝飛七海〇GS技有(4:20)△高橋瑠璃

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.