PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第66回インターハイ柔道競技・女子個人戦ひとこと展望

(2017年8月10日)

※ eJudoメルマガ版8月10日掲載記事より転載・編集しています。
第66回インターハイ柔道競技・女子個人戦ひとこと展望
eJudo Photo
春・夏連覇を狙う安部風花(国士舘高)

■48kg級 春の覇者安部風花がトーナメントの軸、下位カテゴリで実績残した選手中心の混戦

3月の全国高校選手権の勝ち上がり内容を見る限り、絶対的な優勝候補はおらず。力の差が結果に反映されにくい軽量級ということもあり様相は混沌だが、同大会を制した安部風花(東京・国士舘高)を優勝候補として挙げておくべきだろう。組み手が上手く、技を仕掛けられる形の引き出しも多彩。戦いぶりも安定感があるが、今大会はターゲットとして狙われてなお勝ち抜く逞しさがあるか、真価が問われる大会だ。2回戦で、愛知県予選で高校選手権3位の和田君華(大成高)を倒して本戦に勝ち残った山田愛菜(愛知・名城大附高)との対戦が濃厚となっており、これがまず力を試される最初の山場。

今大会は古賀若菜(福岡・南筑高)、渋谷舞(静岡・東海大静岡翔洋高)、久保井仁菜(京都・京都文教高)、五十嵐莉子(神奈川・横須賀学院高)、上倉舞知(石川・金沢学院高)らカデや中学カテゴリ、あるいは軽い階級で実績を残して来た若年の有力選手が多数。その中でも世代を代表する大物になり得ると評価の高い古賀と渋谷が対戦濃厚のCブロック3回戦には注目しておきたい。

どちらかというと右側に有力選手の固まったトーナメント。人材やや薄い左側からは高校選手権3位の芳田真(滋賀・比叡山高)の勝ち上がりが有力視される。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.