PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]市川龍之介が春夏連覇達成、村上優哉は高校選手権の雪辱果たして初戴冠・第66回インターハイ柔道競技男子個人戦

(2017年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]市川龍之介が春夏連覇達成、村上優哉は高校選手権の雪辱果たして初戴冠
第66回インターハイ柔道競技男子個人戦
eJudo Photo
60kg級決勝、市川龍之介が福田大悟を後袈裟固「一本」で破って春夏連覇を決めた。

郡山総合体育館(郡山市)で行われているインターハイ柔道競技、競技2日目のきょう9日は男子団体戦に引き続き、男子個人戦60㎏級、66㎏級、73㎏級の競技が行われた。

60㎏級は市川龍之介(習志野高)が、準決勝で昨年度インターハイ王者・武岡毅(足立学園高)を釣込腰「技有」による優勢、決勝では全国高校選手権2位の福田大悟(比叡山高)を後袈裟固「一本」とライバル二人を立て続けに破って3月の全国高校選手権に続いて春夏連覇を達成。市川はこれで昨年の高校選手権と合わせて実に3つ目の高校タイトル獲得という偉業を成し遂げた。

73㎏級は村上優哉(神戸国際大附高)が優勝。準決勝で塚本綾(日体荏原高)との試合時間9分16秒にも及ぶ激闘を「指導3」で制すると、3月の全国高校選手権決勝の再現カードとなった決勝では同大会の覇者・勝部翔(京都学園高)から試合終了のブザー直前に出足払「技有」を奪って勝利。劇的決着で見事初優勝を飾った。

66㎏級は優勝候補が次々陥落する中、ダークホース井上拓茉(四日市中央工高)が初優勝。準決勝で全国高校選手権の覇者・西願寺哲平(埼玉栄高)を隅落「技有」優勢で破ると、決勝では水戸大生(比叡山高)を小外刈「技有」による優勢で破って高校日本一の栄誉を手にした。団体戦の優勝メンバーである湯本祥真(桐蔭学園高)は水戸に谷落「技有」を奪われ敗退、津嘉山崇(東海大福岡高)は緑恵渡(崇徳高)に腰車で一本負けと優勝候補に挙げられていた二人はそれぞれ初戦で姿を消した。

各階級の入賞者と決勝の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級優勝の市川龍之介(習志野高)

【入賞者】

優 勝:市川龍之介(千葉・習志野高)
準優勝:福田大悟(滋賀・比叡山高)
第三位:武岡毅(東京・足立学園高)、豊島我空(佐賀・佐賀商高)
第五位:中山雄介(神奈川・桐蔭学園高)、福間航基(島根・開星高)、山本蒼良(静岡・東海大翔洋高)、出口嘉人(広島・崇徳高)

【準決勝】

市川龍之介〇優勢[技有・釣込腰]△武岡毅
福田大悟〇背負投(1:06)△豊島我空

【決勝】

市川龍之介〇GS後袈裟固(GS2:35)△福田大悟

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級優勝の井上拓茉(四日市中央工高)

【入賞者】

優 勝:井上拓茉(三重・四日市中央工高)
準優勝:水戸大生(滋賀・比叡山高)
第三位:西願寺哲平(埼玉・埼玉栄高)、湯山八雲(愛媛・新田高)
第五位:岡本怜士(北海道・東海大札幌高)、河添幹斗(岐阜・中京学院大中央高)、關龍聖(千葉・習志野高)、小野里一将(東京・日体荏原高)

【準決勝】

井上拓茉〇優勢[技有・隅落]△西願寺哲平
水戸大生〇払腰(3:47)△湯山八雲

【決勝】

井上拓茉〇優勢[技有・小外刈]△水戸大生

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級優勝の村上優哉(神戸国際大附高)

【入賞者】

優 勝:村上優哉(兵庫・神戸国際大附高)
準優勝:勝部翔(京都・京都学園高)
第三位:塚本綾(東京・日体荏原高)、佐藤虎太郎(神奈川・桐蔭学園高)
第五位:内村秀資(大阪・東海大仰星高)、松山葵偉(広島・近大福山高)、岩井涼真(岡山・関西高)、中荒江大河(福井・北陸高)

【準決勝】

村上優哉〇反則[指導3](GS5:16)△塚本綾
勝部翔〇大内刈(0:59)△佐藤虎太郎

【決勝】

村上優哉〇優勢[技有・出足払]△勝部翔

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.