PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]桐蔭学園高が11年ぶり3度目の優勝、今年度「三冠」の偉業達成なる・第66回インターハイ柔道競技男子団体戦

(2017年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]桐蔭学園高が11年ぶり3度目の優勝、今年度「三冠」の偉業達成なる
第66回インターハイ柔道競技男子団体戦
eJudo Photo
決勝、賀持喜道が崇徳高の中堅・神垣和他から大外刈「一本」。この一撃で桐蔭学園高の優勝が決まった。

第66回インターハイ柔道競技(平成29年度全国高等学校総合体育大会柔道競技・第66回全国高等学校柔道大会)は大会日程2日目のきょう9日に男子団体準々決勝から決勝までの競技が行われ、優勝候補筆頭とされていた桐蔭学園高(神奈川)が11年ぶり3度目の優勝を果たした。桐蔭学園は既に3月の全国高等学校柔道選手権と7月の金鷲旗高校柔道大会を制しており、これで高校「三冠」制覇の偉業を達成。

桐蔭学園は準々決勝の柳ヶ浦高(大分)戦を4-0の快勝で勝ち抜けると、今大会最初の山場となった準決勝は次鋒千野根有我の鮮やかな一本勝ちで挙げた1点を守り切り、国士舘高(東京)を1-0で下す。

迎えた決勝では、同校と並ぶ充実世代と今シーズン常に比較され続けて来たライバル・崇徳高(広島)と対戦。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.