PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

三冠目指す桐蔭学園が優勝候補筆頭も絶対性は薄し、崇徳らライバル校が追撃に腕を撫す・第66回インターハイ柔道競技男子団体展望

(2017年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
三冠目指す桐蔭学園が優勝候補筆頭も絶対性は薄し、崇徳らライバル校が追撃に腕を撫す
第66回インターハイ柔道競技男子団体展望
eJudo Photo
優勝候補は三冠獲得の偉業に挑む桐蔭学園高

■有力校

高校柔道界最大のイベント、第66回インターハイ柔道競技がいよいよあす8日、郡山総合体育館(郡山市)で開幕する。

先陣を切って行われるのは最注目の男子団体戦。優勝候補筆頭に挙げられるのは3月の全国高校選手権、7月の金鷲旗を制して今大会で「高校三冠」獲得の偉業に挑む桐蔭学園高(神奈川)だ。

エースの関根聖隆は二冠獲得の原動力となった100kg級の強者。左右はもちろん打点の高低も自在の担ぎ技に、これと同じ形から繰り出す大外落に小内刈、大内刈で構成するその柔道は取り味十分。片手でも技を仕掛けられることが試合構成上の大きな強みだが、決してこれを手数稼ぎの「便利な技」として使うことなく、常に投げを狙って仕掛け続けるメンタルがなによりの強み。関根の一本背負投と大外落を軸とした組み立ては既に全国のライバルたちに知れ渡っているが、強豪たちが後の先を狙って待ち構える中敢えてその罠の中に、それも相手の予想を超える勢いで入り込む度胸の良さは圧巻だ。ダブルエースを張る2年生ポイントゲッターの村尾三四郎と形成する得点ブロックの強さは、他を圧するものがある。

このチームのもう1つの特徴はキャラクターの多彩さ。前述の2人以外にも81kg級の正統派で技が切れる賀持喜道、今年の関東大会無差別を制した巨漢千野根有我、66kg級の小兵ながら真向勝負の大型狩りを得意とする湯本祥真と、高いレベルで異なる性格の選手を揃えて、「一つの法則」だけでは攻略し難い逞しさがある。ライバルに点取りレギュレーションに向いた完成度の高いチームが少ない今年度の事情もあり、間違いなく優勝に一番近い位置にあるチームと言えるだろう。全体的に来年度の成熟を見込んでいるチームが多い代という事情もあり、メンタル的な仕上がりも含め、このチーム以外に頂点取りにふさわしい存在は見当たらない。

ただし点取りレギュレーションでは桐蔭の優勝観測も絶対ではない。関根以外が金縛りに遭ってしまった高校選手権序盤戦、意外な失点のあった金鷲旗大会に見て取れる通り、賀持の線の細さ、千野根のスタミナのなさと受けの脆さ、湯本の体格のなさ、異常な体幹の強さの裏に同居する村尾のサイズのなさと、選手個々に泣きどころがあり、他校に付け入る隙は十分あり。それぞれの弱点をカバーしあうだけの多様性と関根の絶対性で勝ち抜いてきたチームだが、相性嵌らぬ試合が連続するようだと勝負は間違いなく縺れる。「最後は関根」という必勝パターンで抜き試合レギュレーションの高校選手権と金鷲旗を制した同校だが、点取りレギュレーションの今大会は関根がどんなに頑張っても1点は1点。厳しく総合力が問われる大会だ。

絶対値の高いチームは数あるがこの桐蔭学園との相性、そして、ワントップ型が多い今代にあって「大駒が存在してチームの総合力も高い」という観点からここは敢えてそのライバル校としてダークホース・長崎日大高の名前を先んじて挙げておきたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.