PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

桐蔭学園、東海大相模らベスト4へ、長崎日大は残り5秒の逆転勝利で崇徳を下す・第91回金鷲旗全国高校柔道大会男子マッチレポート②準々決勝

(2017年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
桐蔭学園、東海大相模らベスト4へ、長崎日大は残り5秒の逆転勝利で崇徳を下す
第91回金鷲旗全国高校柔道大会男子マッチレポート②準々決勝
eJudo Photo
桐蔭学園・賀持喜道と足立学園・武岡毅による先鋒対決

■準々決勝

王者・桐蔭学園に足立学園が挑む第1試合、開示されたオーダー順は下記。

桐蔭学園高 ― 足立学園高
(先)賀持喜道 ― 武岡毅(先)
(次)湯本祥真 ― 吉井拓実(次)
(中)千野根有我 ― 白石隼人(中)
(副)村尾三四郎 ― 上領教史郎(副)
(大)関根聖隆 ― 山本瑛介(大)

足立学園の陣容は前戦までと変わらず。今大会はともに60kg級の先鋒武岡毅と副将上領教史郎の軽量2人に抜き役属性があり、この2人を含めた前衛4枚で相手の戦力を減殺し、最後は大駒山本瑛介で相手のエースを潰すというルートが必勝パターン。この試合に関しても山本登場までにその仕事量を減らし、出来得れば大将同士の「個」の対決がそのまま試合結果を左右するステージを演出したいところ。組んで、あるいは抱いての小外刈という有無を言わせぬ一発技を持つ山本であれば、たとえ関根聖隆が相手であっても勝利する確率は決して低くない。前衛の粘りと奮闘がこの試合の行方を決める。

一方の桐蔭学園はこの試合から次鋒に湯本祥真を投入して上位対戦仕様のフルオーダーを完成。戦いの眼目はこの試合も変わらず、準決勝以降に向けて大将関根聖隆、出来得れば副将村尾三四郎も温存したまま試合を終えてしまうのが最良シナリオ。少なくとも前衛で相手の戦力を削るだけ削って、後衛2枚の出動を待たずに対山本戦までは辿り着いてしまいたい。賀持喜道の線の細さに、湯本祥真の体格のなさ、千野根のいかにも大型選手らしい脆さと実は対戦相性に相当左右される属性を体内に孕む桐蔭学園の面々であるが、武岡に上領ら「攻撃型の軽量選手」は彼らにとって実は戦い易いタイプのはずで、シナリオ完遂は現実的に手が届くところにある。前衛がしっかり仕事をすればそのまま勝利にたどり着けるはず。

先鋒戦は桐蔭学園・賀持喜道が右、昨年度インターハイ60kg級王者の武岡毅が右組みのケンカ四つ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.