PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]桐蔭学園が12年ぶりの優勝、東海大相模との同県対決を逆転で制す・第91回金鷲旗高校柔道大会男子

(2017年7月24日)

※ eJudoメルマガ版7月24日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]桐蔭学園が12年ぶりの優勝、東海大相模との同県対決を逆転で制す
第91回金鷲旗高校柔道大会男子
eJudo Photo
優勝の桐蔭学園高

eJudo Photo
決勝、桐蔭学園高の副将村尾三四郎がここまで2人を抜いてきた東海大相模高の次鋒平下麟太郎から大外刈「一本」

eJudo Photo
決勝、桐蔭学園高の大将関根聖隆が、東海大相模高の副将宮原峻太から一本背負投「一本」。130キロの巨漢を高々担ぎ上げた豪快な一撃だった。

抜き勝負で高校柔道日本一を争う第91回金鷲旗高校柔道大会は24日、マリンメッセ福岡(福岡市)で最終日の男子決勝までの競技が行われ、桐蔭学園高(神奈川)が12年ぶりの優勝を飾った。同校は3月の全国高校選手権を制しており、これで今季2つ目の全国タイトル獲得。

桐蔭学園は6回戦(ベスト16)からオーダーを変更し、前半の4戦で抜き役を担った前衛2人を下げて先鋒を佐藤虎太郎から賀持喜道に、次鋒を高山康太から湯本祥真にスイッチ。上位対戦用のフルオーダーを完成させると、この試合で東海大静岡翔洋高(静岡)に不戦1人、続く準々決勝は足立学園高(東京)にも不戦1人で勝利してベスト4入り。

準決勝からはともにこれまで大接戦を演じた来歴のある難敵2チームと連戦。全国高校選手権準々決勝で大将同士の対決まで縺れた長崎日大高(長崎)との再戦となった準決勝は、副将同士の対戦で村尾三四郎が永田賢斗に内股透「一本」で勝利。村尾は続く大将山口貴也を相手に「指導3」を失って敗れたが、大将同士の対決で関根聖隆が山口との壮絶な投げ合いを「指導2」の優勢で制して勝利決定。

決勝では神奈川県大会決勝でスコア2-1の激戦を演じたばかりのライバル・東海大相模高と対戦。この試合は東海大相模の次鋒平下麟太郎に次鋒湯本祥真、中堅千野根有我の2人が抜かれるなど苦しい戦いが続き、最後の砦である大将関根が畳に上がった際には1人差ビハインドの後がない状況。

しかしここでまたもや関根が大仕事。体重130キロの巨漢・宮原峻汰を高い打点の一本背負投「一本」に仕留めると、続く大将石川智明からも残り25秒で小内刈「技有」を奪って勝利。2人を抜いて試合をひっくり返し、見事優勝を決めた。

桐蔭学園高・高松正裕監督は「東海大相模は最大のライバル、きわどい試合になるのはわかっていた」と激戦を振り返り、「関根は高校レベルではまず負けない。関根をどこまで温存出来るかが大会のポイントであり、関根にどう繋ぐかが決勝の課題だった。信頼しています。」と大活躍の主将を称えた。敗れた東海大相模高・水落健太監督も「関根選手の戦い、萎えることのない精神力にはいつも驚かされる。(桐蔭学園に敗れたというより)関根君にまた負けたという印象です」とその奮戦に脱帽の様子だった。

3位には長崎日大のほか、延岡学園高(宮崎)が入賞。ベスト4に2校、ベスト8には大牟田高(福岡)を加えた3校が入賞し、全国高校選手権に引き続いて九州勢の躍進が目立った大会だった。

入賞者と6回戦の結果、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
桐蔭学園の面々が主将・関根を胴上げ

【入賞者】

優 勝:桐蔭学園高(神奈川)
準優勝:東海大相模高(神奈川)
第三位:長崎日大高(長崎)、延岡学園高(宮崎)
優秀校:足立学園高(東京)、崇徳高(広島)、大成高(愛知)、大牟田高(京都)

優秀選手:関根聖隆、村尾三四郎(桐蔭学園高)、平下麟太郎、榎田大人(東海大相模高)、山口貴也(長崎日大高)、羽田野竜輝(延岡学園高)、上領教史郎(足立学園高)、神垣和他(崇徳高)、東部直希(大成高)、森健心(大牟田高)

【六回戦】

桐蔭学園高(神奈川)〇不戦1人△東海大静岡翔洋高(静岡)
足立学園高(東京)〇不戦1人△埼玉栄高(埼玉)
崇徳高(広島)〇大将同士△国士舘高(東京)
長崎日大高(長崎)〇不戦1人△福岡大大濠高(福岡)
大成高(愛知)〇大将同士△北海高(北海道)
東海大相模高(神奈川)〇不戦1人△日体大荏原高(東京)
延岡学園高(宮崎)〇不戦3人△新田高(愛媛)
大牟田高(福岡)〇不戦2人△国東高(大分)

【準々決勝】

桐蔭学園高〇不戦一人△足立学園高
(先)賀持喜道〇反則[指導3]△武岡毅(先)
(先)賀持喜道×引分×吉井拓実(次)
(次)湯本祥真〇一本背負投△白石隼人(中)
(次)湯本祥真△一本背負投〇上領教史郎(副)
(中)千野根有我〇大内刈△上領教史郎(副)
(中)千野根有我△横四方固〇山本瑛介(大)
(副)村尾三四郎〇大外刈△山本瑛介(大)
(大)関根聖隆

長崎日大高〇大将同士△崇徳高
(先)蛎崎光汰〇優勢[技有]△兼藤仁士(先)
(先)蛎崎光汰×引分×八木郁実(次)
(次)山口雅矢△優勢[技有]〇安井彪翔(中)
(中)ニコーグティ〇小外刈△安井彪翔(中)
(中)ニコーグティ△内股〇神垣和他(副)
(副)永田賢斗×引分×神垣和他(副)
(大)山口貴也〇反則[指導3]△長岡季空(大)

東海大相模高〇不戦一人△大成高
(先)榎田大人×引分×三輪魁星(先)
(次)平下麟太郎〇内股△藤鷹裕大(次)
(次)平下麟太郎×引分×大西陸斗(中)
(中)笹谷健×引分×小田和紀(副)
(副)宮原峻太×引分×東部直希(大)
(大)石川智啓

延岡学園高〇大将同士△大牟田高
(先)岩佐海人×引分×立石泰勝(先)
(次)棚橋慎之介×引分×森健心(次)
(中)小島孝太×引分×谷所郁海(中)
(副)吉野弘人×引分×森優心(副)
(大)羽田野竜輝〇小外刈△田中優大(大)

【準決勝】

桐蔭学園高〇大将同士△長崎日大高
(先)賀持喜道×引分×蛎崎光汰(先)
(次)湯本祥真×引分×山口雅矢(次)
(中)千野根有我×引分×ニコーグティ(中)
(副)村尾三四郎〇内股透△永田賢斗(副)
(副)村尾三四郎△反則[指導3]〇山口貴也(大)
(大)関根聖隆〇優勢[僅差]〇山口貴也(大)

東海大相模高〇大将同士△延岡学園高
(先)榎田大人〇一本背負投△岩佐海人(先)
(先)榎田大人〇背負投△棚橋慎之介(次)
(先)榎田大人△反則[指導3]〇小島孝太(中)
(次)平下麟太郎〇小外刈△小島孝太(中)
(次)平下麟太郎×引分×吉野弘人(副)
(中)笹谷健△優勢[技有・内股]〇羽田野竜輝(大)
(副)宮原峻太△優勢[僅差]〇羽田野竜輝(大)
(大)石川智啓〇大内刈△羽田野竜輝(大)

【決勝】

桐蔭学園高〇大将同士△東海大相模高
(先)賀持喜道△優勢[僅差]〇榎田大人(先)
(次)湯本祥真〇大内刈(0:20)△榎田大人(先)
(次)湯本祥真△小外掛(1:13)〇平下麟太郎(次)
(中)千野根有我△内股透(2:49)〇平下麟太郎(次)
(副)村尾三四郎〇大外刈(1:16)△平下麟太郎(次)
(副)村尾三四郎×引分×笹谷健(中)
(大)関根聖隆〇一本背負投(3:06)△宮原峻太(副)
(大)関根聖隆〇優勢[技有・小内刈]△石川智啓(大)

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版7月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.