PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「東部以外の4人の戦いがカギ、春の悔しさを晴らす勝負を」第91回金鷲旗高校柔道大会男子有力校監督インタビュー②大成高・石田輝也監督

(2017年7月14日)

※ eJudoメルマガ版7月14日掲載記事より転載・編集しています。
「東部以外の4人の戦いがカギ、春の悔しさを晴らす勝負を」
第91回金鷲旗高校柔道大会男子有力校監督インタビュー②大成高・石田輝也監督
eJudo Photo

―3月の高校選手権の準優勝以後、ここまでのチームはどうですか?

あれから大きな怪我もなく、順調に来ているかと思います。選手たちに常に言ってきたのは、春に戦ってみてわかる通り、「東部の負担を軽くするような戦いをすれば十分優勝出来る。あとはお前たち1人1人の戦い方だ」ということ。残りの4人の1人1人の戦い方、それ1つで優勝を手にすることが出来るんだぞ、と。また敗れるか、それとも頂点に辿り着くかを、自分の戦い方が決められる立場にあるんだぞ、ということを常に語り掛け、意識させてここまでやってきました。

―その姿勢、十分浸透した実感はありますか?

どこまで行っても稽古は稽古、試合は試合ですから、正直に言って蓋を開けてみるまではわかりません。彼らがどれだけ春に悔しがったのか、その悔しさがどれだけのものか、それが本当に出るのは夏の2大会です。こればかりは試合にならないと出てこないし、私はむしろ、試合を見るのが本当に楽しみですよ。

―夏に伸びたチームというと、どうしても川田修平(明治大)選手を中心に大活躍した3年前のチームを思い出します。そういった大爆発の予感はありますか?

いまのところはまだないですね(笑)。内に秘めた闘志を本番で出してくれるか、そこに尽きます。繰り返しになりますが、これは試合にならないとどうしてもわからないんですよ。

―大成は常々稽古の「量」に対するこだわりを見せて来ました。今回もしっかり稽古を積んでいることと思います。

はい。そこは譲りません。月1回の休養日はありますが、それ以外は休みなし。試験の週などは大幅に量は落ちますが、それでも常に体を動かしてきました。これは例年通りです。今週いっぱいはガッチリ追い込みますので今は相当疲れていると思いますが、週末までやり切ったらあとは調整。休み時間を長くするなどしながら、しっかり仕上げていきます。なにしろ暑いので、工夫しながら、ベストの体調で臨ませてあげたいと思っています。

―高校選手権で大活躍した東部選手は以後いかがですか?また、他にカギになる選手や注目の戦力は?

東部は選手権以後、先日行われた東海ジュニアも含め出場した大会はすべて優勝してきました。中にはちょっと慎重過ぎるかなという試合もありましたが、しっかり力を発揮出来るようになっていると思います。それ以外の4人は、誰もに期待。「誰か」というのはちょっと言いづらいですね。それでも敢えて言うのであれば、来年のこともありますし、大西(陸斗)、三輪(魁星)、藤鷹(裕大)の2年生3人に頑張って欲しい。

―大駒・東部を擁するということで、優勝するなら抜き試合の金鷲旗という思いはありますか?

いえ、やはり一番の目標はインターハイです。金鷲旗で良い形で優勝して、本命のインターハイに繋げたいというのが本音です。もちろん金鷲旗は東部を中心に優勝を狙いますが、最大の目標はインターハイ優勝というのは変わりません。

―金鷲旗の勝ち上がりのポイントは?

細かいことですが、金鷲旗は待ち時間が凄く長い大会。普通のポンポン進む大会とはちょっと違う。そこで集中力を切らず、しっかり1戦1戦戦うことですね。今年、東部という大砲がいるのは大きい。やはりチャンスです。1回戦からしっかり勝負して、最後まで戦い抜いて優勝を狙います。


※インタビューは7月14日に行われました。

※ eJudoメルマガ版7月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.