PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

早稲田大が連覇達成・平成29年度全日本学生柔道優勝大会女子3人制

(2017年6月24日)

※ eJudoメルマガ版6月24日掲載記事より転載・編集しています。
早稲田大が連覇達成
平成29年度全日本学生柔道優勝大会女子3人制
eJudo Photo
連覇達成の早稲田大

団体戦で大学柔道日本一を争う平成29年度全日本学生柔道優勝大会(男子66回、女子26回)が24日、日本武道館で開幕。

初日に決勝までが行われた女子2カテゴリのうち、女子3人制は早稲田大が優勝。初優勝した昨年に続く連覇を達成した。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細、早稲田大・川田一洋監督のコメントは下記。

【入賞者】
(エントリー30チーム)

優 勝:早稲田大
準優勝:創価大
第三位:埼玉大、姫路独協大

優秀選手:渡邊聖未(早稲田大)、岩佐遥(創価大)、榎谷ともみ(埼玉大)、山下優光(姫路独協大)

早稲田大・川田一洋監督のコメント
「初優勝から1年が経ちましたが、この間常に挑戦者の精神で、おごることなく稽古してきました。その成果だと思います。去年は『優勝しよう』と話して大会に挑みましたが今年は有言実行、より強く『優勝する』と断言して臨みました。その点昨年とは一段違う価値のある勝利だと思います。東京大会の時から『個々の役割をしっかりやろう』、より具体的には『無失点で最後まで戦おう』と話し、それに向けて皆で考えて戦いました。決勝の前は泥臭い試合をしよう、総合力で勝負しようと話したのですが、その通りの戦い方が出来たと思います。これからも文武両道で頑張っていきたいですし、そういう志のある高校生に、ぜひ入部して来て欲しいと思います」

eJudo Photo
決勝、早稲田大の先鋒渡邊聖未が得意の寝業に持ち込むべく隅返を連発

【準々決勝】

早稲田大 2-0 明治国際医療大
(先)小野華菜恵×引分×三苫桃子
(中)滝澤美咲〇優勢[技有・大外刈]△刈谷美咲
(大)渡邊聖未〇送襟絞(0:53)△河野志歩

埼玉大 ①-1 芦屋大
(先)高久鈴花△優勢[技有・内股]〇古賀寿璃奈
(中)榎谷ともみ〇横四方固(3:39)△河合千寿
(大)酒向亜矢香×引分×古谷捺美

姫路獨協大 0〇代-0 別府大
(先)納庄秋甫×引分×岡田果穂
(中)山下優光×引分×山本真央
(大)名田あすか×引分×荒巻美咲
(代)山下優光〇優勢[技有・大内刈]△岡田果穂

創価大 ①代-1 皇学館大
(先)矢部瑞希×引分×石井咲帆
(中)岩佐碧〇崩袈裟固(4:00)△中村朱里
(大)岩佐遥△崩袈裟固(0:39)〇辻本愛里奈
(代)岩佐遥〇上四方固(0:35)△辻本愛里奈


【準決勝】

創価大 1-0 姫路獨協大
(先)矢部瑞希×引分×納庄秋甫
(中)岩佐碧×引分×山下優光
(大)岩佐遥〇反則[指導3](3:55)△渡邊香菜

早稲田大 2-0 埼玉大
(先)岡田蛍〇横四方固(3:17)△酒向亜矢香
(中)小野華菜恵×引分×榎谷ともみ
(大)渡邊聖未〇腕挫十字固(1:55)△高久鈴花

【決勝】

早稲田大 1-0 創価大
(先)渡邊聖未〇反則[指導3](3:46)△矢部瑞希
(中)佐藤美祐×引分×岩佐碧
(大)小野華菜恵×引分×岩佐遥

※ eJudoメルマガ版6月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.