PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全柔連が「記者向け体験教室」開催、井上康生監督が礼法や受け身を指導

(2017年6月21日)

※ eJudoメルマガ版6月21日掲載記事より転載・編集しています。
全柔連が「記者向け体験教室」開催、井上康生監督が礼法や受け身を指導
eJudo Photo
井上康生監督による横受身の講義

eJudo Photo
「ポケットグリップ」について実演しながら解説する井上監督

全日本柔道連盟広報委員会が主催する報道記者向けの柔道体験教室が16日、講道館7階の大道場で行われた。

これは各メディアの柔道担当記者に柔道への理解を深めてもらうことを目的としたもので、井上康生監督を中心に全日本男子コーチ陣が柔道の礼法や受け身などを指導。後半は組み手や新ルール下で流行している技についての講義も行った。

組み手の講義では今年に入ってから国際大会で流行している「ピストルグリップ」や「ポケットグリップ」についての解説も行われ、参加者からは「まったく切れない」とその威力に驚きの声が上がっていた。

※ eJudoメルマガ版6月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.