PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第32回

(2017年6月19日)

※ eJudoメルマガ版6月19日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第32回
単に勤勉とか励精というだけでは、精力の最善活用というほどに明らかに一番善いことをしているかどうかが分からぬ。
出典:「国家の隆昌」大勢1巻4号 大正11年(1922)7月
(『嘉納治五郎大系』6巻326頁)
 
 
ビジネス書の名著『7つの習慣』の筆者であるスティーブン・R・コヴィー博士は、<最良の敵は良である>と述べています。簡単に言いますと、最良(ベスト)を行おうとする際、妨げとなるのが、良(ベター)であり、両者は共に「悪」ではないことから判別が難しい・・・という意味の言葉です。
 
仕事や勉強に励むことを意味する 「勤勉」に「励精」。
いずれも何かに一生懸命取り組む、とても良いイメージが持たれる行為です。師範もこれらを決して否定はしていません。否定はしませんが、そこにとどまることを認めません。なぜなら、「精力善用」を目指す師範にとって、何かに一生懸命に取り組む、それだけでは「最善」とは言い切れないからです。「勤勉」も「励精」も良(ベター)といったところでしょう。
 
柔道修行者が頻繁に耳にし、口にする「精力善用」。
この用語は「精力(の)最善活用」を省略したものなので、両者に意味の違いはありません。つまり、<善用>とは文字どおりに、「精力」を「善く」用いるだけでは不十分であり、あくまでも「最善」に活用しなければならないということです。

師範は最善活用の例の1つとして読書を取り上げ、以下のようなことを記しています。
<学生が読書をするのは勤勉と言えるかもしれない。ただ、その場合に読むのに最も適当な書物を選び、最も良い読み方をしていなければ、精力を最善活用しているとは言えない>。最も適当な書物、最も良い読み方というのは、状況によって異なるのでしょうが、常に、それが最善であるかを意識することの大切さを説いています。

師範は別のところで、精力善用(精力の最善活用)の実践は簡単ではないと述べ、練習を必要とするものだから、常に努力を怠ってはならないと言います。そして自分の行動が精力善用であったか、日々「振り返り」をすることを勧めています。自分がいかに精力善用していないか知ることを実践の第一歩と考えていたのでしょうか。
 
「言うは易く行うは難し」。よく耳にする言葉です。また<主義は行ってこそ真の価値がある>(http://www.ejudo.info/newstopics/002752.html)とは、師範の言葉です。今回のひとことは、「精力善用」実践の難しさを改めて教えてくれると同時に、有益なヒントを伝えてくれます。

※読みやすさを考慮して引用は『嘉納治五郎大系』から行っています。


著者:元 敏季(ハジメ・トシキ)
1975年生まれ。柔道は中学校から始め、大学までは競技を中心に行うが、卒業論文を機に柔道の文化的側面に関心を持ち、大学院へ進学。凡そ10年、大学院・研究機関に所属するも、研究とは異なる分野の仕事に就き現在に至る。ライフワークとして嘉納治五郎に関する史料を蒐集・研究し、その成果を柔道振興のため発信しようとしている。

※ eJudoメルマガ版6月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.