PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘高が優勝、インターハイ予選前にライバル校立て続けに破る・第65回関東高等学校柔道大会男子団体戦

(2017年6月5日)

※ eJudoメルマガ版6月5日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘高が優勝、インターハイ予選前にライバル校立て続けに破る
第65回関東高等学校柔道大会男子団体戦
第65回関東高等学校柔道大会が6月3日、4日の両日にブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市)で行われ、伝統の体重別5人制(先鋒から中堅まで73kg以下、副将以降無差別)レギュレーションで行われた男子団体戦は国士舘高(東京)が優勝した。

国士舘高は準々決勝で桐蔭学園高(神奈川)を破ると、準決勝では日体荏原高、決勝では足立学園高と東京のライバル2校を立て続けに破って優勝を飾った。

国士舘高は前週に行われたインターハイ個人戦の予選で25年ぶりの「代表なし」に沈んだばかり。18日の団体戦を前に意地を見せた大会となった。1年生エースの斉藤立は3回戦から登場し、1引き分けのあと代表戦を含む4試合を一本勝ち。決勝では個人戦で敗れた山本瑛介(足立学園高)からも「一本」を奪ってチームを牽引した。

高校選手権の覇者桐蔭学園高、同校と県内で覇権を争う東海大相模高ら神奈川勢はフルメンバーで布陣せず。今大会は振るわず両校ともベスト8に終わった。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

【入賞者】
(エントリー62校)

優 勝:国士舘高(東京)
準優勝:足立学園高(東京)
第三位:埼玉栄高(埼玉)、日体荏原高(東京)
第五位:東海大甲府高(山梨)、東海大相模高(神奈川)、白鴎大足利高(栃木)、桐蔭学園高(神奈川)

【準々決勝】

足立学園高 4-0 東海大甲府高
(先)武岡毅○優勢[技有]△新井大翔
(次)川田武史○裏投(3:34)△鈴木康鷹
(中)上領教史郎×引分×齊藤直哉
(副)山本瑛介○反則(2:36)△中村勝登
(大)白石隼人○優勢[技有]△早川智翔

埼玉栄高 4-0 東海大相模高
(先)西願寺哲平○優勢[僅差]△椙本光真
(次)豊永貫太○優勢[技有]△足立海音
(中)岡田悠之介○棄権(3:35)△松本凱冬
(副)梅野雅崇×引分×宮原崚汰
(大)岩田歩夢○優勢[僅差]△山本銀河

日体荏原高 3-1 白鴎大足利高
(先)小野里一将○優勢[僅差]△吉田翔
(次)塚本綾○袖釣込腰(1:52)△長谷川稔伸
(中)森大将×引分×齋五澤航介
(副)菅原孝希△優勢[技有]○長谷川明伸
(大)村上朋也○内股(0:51)△吉田功二

国士舘高 ②代-2 桐蔭学園高
(先)三谷大○優勢[技有]△大石瑠依
(次)齋藤泰樹×引分×湯本祥真
(中)柳沼毅△小外刈(1:52)○佐藤虎太郎
(副)斉藤立○大外刈(1:09)△高山康太
(大)織茂友多郎△優勢[技有]○賀持喜道
(代)斉藤立○大外刈(0:42)△佐藤虎太郎

【準決勝】

足立学園高 ②-2 埼玉栄高
(先)武岡毅○反則(1:54)△西願寺哲平
(次)川田武史○横四方固(3:35)△豊永貫太
(中)上領教史郎△大外刈(0:34)○岡田悠之介
(副)山本瑛介×引分×梅野雅崇
(大)白石隼人△僅差○岩田歩夢

国士舘高 3-1 日体荏原高
(先)三谷大○袈裟固(3:10)△小野里一将
(次)齋藤泰樹×引分×塚本綾
(中)柳沼毅△大外返(2:53)○森大将
(副)斉藤立○内股(1:05)△菅原孝希
(大)織茂友多郎○横四方固(2:33)△村上朋也

【決勝】

国士舘高 2-0 足立学園高
(先)三谷大×引分×武岡毅
(次)齋藤泰樹×引分×川田武史
(中)柳沼毅×引分×上領教史郎
(副)斉藤立○大腰(2:40)△山本瑛介
(大)織茂友多郎○反則(2:51)△白石隼人

※ eJudoメルマガ版6月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.