PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

帝京高が優勝、高橋瑠璃が代表戦の連戦勝ち抜く・第66回インターハイ柔道競技東京都予選女子団体

(2017年5月28日)

※ eJudoメルマガ版5月28日掲載記事より転載・編集しています。
帝京高が優勝、高橋瑠璃が代表戦の連戦勝ち抜く
第66回インターハイ柔道競技東京都予選女子団体
eJudo Photo
準々決勝、代表戦で帝京高・高橋瑠璃が藤村女子高・三浦玲那から払腰「一本」

eJudo Photo
決勝、高橋は代表戦で国士舘高・宇田川幸から払腰「技有」、そのまま抑え込んで一本勝ちを果たす

eJudo Photo
優勝の帝京高

27日、第66回インターハイ柔道競技(8月8日~12日、郡山総合体育館)の東京都女子団体の予選が行われ、3月の全国高校選手権でベスト8に進んだ帝京高が優勝した。

帝京高はエースの高橋瑠璃を前面に押し立て、準々決勝と決勝では高橋がいずれも大将戦と代表戦を一本勝ち。順当に代表権を獲得した。

入賞者と帝京高・鈴木孝之監督のコメント、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

【入賞者】
(エントリー30チーム)
優 勝:帝京高
準優勝:国士舘高
第三位:淑徳高、東海大高輪台
第五位:東海大菅生高、渋谷教育学園渋谷高、藤村女子高、駒場高

帝京高・鈴木孝之監督のコメント
「高橋に頼り過ぎるな、と話して試合に臨みました。代表戦にはなりましたが、決勝は引き分けに持ち込んだ中堅の中村が殊勲者だと思います。良く頑張りました。全国大会でも課題は同じく、高橋に頼らず全員の力で戦うこと。決して強いチームではないので一戦一戦しっかり戦います」

【準々決勝】

淑徳高 3-0 東海大菅生高
(先)福井夢七〇横四方固(1:24)△青木美乃
(中)佐藤果〇払巻込(0:24)△箕輪桜
(大)宇佐美茉海〇優勢[僅差]△大下美穂

国士舘高 1-0 渋谷教育学園渋谷高
(先)宇田川幸×引分×明石ひかる
(中)佐藤晴菜〇横四方固(1:13)△渡辺悠花
(大)上原裕子×引分×石川梨夏子

帝京高 ①代-1 藤村女子高
(先)西原真緒×引分×高井円花
(中)中村愛美△反則[指導3]〇三浦玲那
(大)高橋瑠璃〇袈裟固△塚田芙姫
(大)高橋瑠璃〇払腰(GS2:28)△三浦玲那

東海大高輪台高 3-0 駒場高
(先)宮地珠利〇横四方固(1:23)△坂野美夏
(中)東珠里〇袈裟固(0:57)△池亀りん
(大)佐藤七海〇大内刈(2:00)△東菜津美

【準決勝】

国士舘高 1-0 淑徳高
(先)宇田川幸〇反則[指導3](2:17)△福井夢七
(中)佐藤晴菜×引分×佐藤果
(大)上原裕子×引分×波多江楽良

帝京高 2-0 東海大高輪台高
(先)熊木悠花×引分×宮地珠利
(中)中村愛美〇袈裟固(0:49)△東珠里
(大)高橋瑠璃〇払腰(0:46)△佐藤七海

【決勝】

帝京高 ①代-1 国士舘高
(先)熊木悠花△反則[指導3](2:37)〇宇田川幸
(中)中村愛美×引分×佐藤晴菜
(大)高橋瑠璃〇反則[指導3](2:23)△上原裕子
(代)高橋瑠璃〇袈裟固(GS2:44)△宇田川幸

※ eJudoメルマガ版5月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.