PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムエカテリンブルグ2017・第1日男子3階級プレビュー

(2017年5月20日)

※ eJudoメルマガ版5月20日掲載記事より転載・編集しています。
第1日男子3階級(60kg級、66kg級、73kg級)プレビュー
グランドスラム・エカテリンブルグ大会2017
■60kg級・モンゴルのツートップが揃って出場、永山竜樹に与えられたミッションは優勝のみ
(エントリー19名)

リオデジャネイロ五輪のメダリストこそ出場していないものの、世界選手権表彰台クラスの強豪が多数参戦。グランドスラムの名に恥じないハイレベルトーナメントとなった。優勝候補は2014年世界選手権王者ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)と2013年世界選手権準優勝者ダシュダヴァー・アマーツブシン(モンゴル)のモンゴルが誇るツートップに永山竜樹(東海大3年)とアミラン・パピナシヴィリ(ジョージア)を加えた4名。フランシスコ・ガリーゴス(スペイン)も実力者ではあるが上記4名と比較すると一段落ちる印象だ。

永山はノーシードからのスタート。2回戦で早くも強豪ダシュダヴァーと対戦する厳しい配置だが、オーソドックスな密着柔道のダシュダヴァーは戦いにくい相手ではないはず。地力でも永山に分があると思われるので「一本」で勝利して流れに乗りたいところだ。現在世界選手権でシード権が与えられる世界ランク8位のボーダーはスメトフの1497点。今後の大会スケジュールも考慮すると現在770ポイントで世界ランク28位の永山がシード権を得るためには今大会の優勝ポイント1000点が必須となる。今回単純な戦闘力で永山に勝る選手は見当たらず(そもそも存在しない可能性もある)、しっかりと隙なく戦って優勝を果たしたい。

グランドスラム東京と選抜体重別で髙藤直寿に一本勝ちして優勝している永山が証明すべきは国際大会での強さ。モンゴル勢にパピナシヴィリと強豪が揃った今大会は、この「最後のピース」を埋めるに十分だ。

この他に特筆すべき選手は第6シードのフェリペ・ペリム(ブラジル)。今年に入ってからいったいに好調のブラジルチームだが、この選手は今年のグランプリ・デュセルドルフ大会でリオデジャネイロ五輪銀メダリストのイェルドス・スメトフ(カザフスタン)に「一本」級の左大外刈「技有」で勝利している。27歳と遅咲きではあるが今大会の台風の目になる可能性もあり、要注意だ。

【プールA】
第1シード:アミラン・パピナシヴィリ(ジョージア)
第8シード:セドリック・レヴォル(フランス)
有力選手:アスカット・テルマノフ(カザフスタン)

【プールB】
第4シード:フランシスコ・ガリーゴス(スペイン)
第5シード:ルフミ・チフヴィミアニ(ジョージア)

【プールC】
第2シード:ダシュダヴァー・アマーツブシン(モンゴル)
第7シード:アルベルト・オグゾフ(ロシア)
日本選手:永山竜樹(東海大3年)

【プールD】
第3シード:ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)
第6シード:フェリペ・ペリム(ブラジル)
有力選手:アイベク・イマシェフ(カザフスタン)

■66kg級・一線級はダヴァドルジ・ツムルフレグのみ、新興勢力の選手たちに注目
(エントリー25名)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.