PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細④準々決勝~決勝

(2017年5月19日)

※ eJudoメルマガ版5月19日掲載記事より転載・編集しています。
第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細④準々決勝~決勝
eJudo Photo
髙山莉加が両袖の右大外刈で藤原恵美を攻める

■準々決勝

髙山莉加(三井住友海上)○GS反則[指導3](GS1:47)△藤原恵美(大阪府警察)

右相四つ。髙山は引き手を自分の側で持ち続けることで体格差を克服。47秒に両者に「指導」が与えられるが、以降は髙山が左一本背負投に右内股、左袖釣込腰と一方的に攻める流れが続く。いずれの技もポイント獲得には至らなかったもののこの攻勢を審判団が評価、2分57秒に藤原に消極的との咎で2つ目の「指導」が追加される。試合時間を2分以上残して早くも後のなくなった藤原だが、しかし要所で強引な払巻込を仕掛けることで延命に成功。髙山優位のまま勝負はGS延長戦へともつれ込む。以降も流れは変わらず、GS1分47秒に髙山が両袖の右大外刈で藤原を伏せさせたところで藤原に3つ目の「指導」が与えられて試合は終了となった。前戦で前年度女王の山部を下した髙山がその「権利者」として正当な対価を得た形で、皇后盃準決勝進出の栄を得ることとなった。髙山は先に引き手を得ることにこだわって試合をコントロール、先手攻撃で技を出し続け藤原に攻撃の機会を与えなかった。

朝比奈沙羅(東海大3年)○GS有効・大内返(GS6:45)△山本沙羅(ミキハウス)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.