PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細③三回戦

(2017年5月19日)

※ eJudoメルマガ版5月19日掲載記事より転載・編集しています。
第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細③三回戦
eJudo Photo
髙山莉加が山部佳苗を右内股で攻める

髙山莉加(三井住友海上)○GS指導2(GS1:33)△山部佳苗(ミキハウス)

右相四つ。開始18秒、まずは山部が体格差を利して髙山を場外に押し出し「指導」を獲得。山部の優位が想起される出だしであったが、しかし山部は前戦に続いて元気がなく、以後は髙山が袖釣込腰に一本背負投、奥襟を持っての右内股と一方的に攻め続ける。2分55秒には消極的の咎で山部にも「指導」が与えられ、これまでの流れで「戦える」手応えを得た髙山は強気の組み手で攻勢を加速させる。本戦では決着がつかず試合はGS延長へと突入することとなり、髙山が右内股で山部を大きく崩した1分33秒に山部に2つ目の「指導」が与えられて勝負が決した。昨年の王者で第1シードに配された山部はまさかの三回戦敗退。休養明けから続く、煮え切らない戦いぶりを脱することができなかった。

藤原恵美(大阪府警察)○崩袈裟固(2:28)△梅津志悠(三井住友海上)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.