PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成29年全日本柔道選手権全試合詳細③三回戦

(2017年5月19日)

※ eJudoメルマガ版5月19日掲載記事より転載・編集しています。
平成29年全日本柔道選手権全試合詳細③三回戦
eJudo Photo
山本幸紀の背負投は王子谷剛志に圧され掛け潰れに終わる

王子谷剛志(旭化成)○反則[指導3](3:33)△山本幸紀(日本エースサポート)

圧倒的な体躯を誇る王子谷が右、85㎏と出場者の中では小柄の部類ながら体の力は十分の山本が左組みのケンカ四つ。
王子谷は釣り手で上から前襟を取ると、肘を入れて山本の釣り手を潰して圧力を与える。対する山本は背筋に力を込めて圧に抗すると片手の左体落でいなしながら試合を進め、チャンスを伺う。両者の思惑がかち合い展開が膠着した44秒に双方に消極的の咎で「指導」。これを受けて王子谷は圧殺志向を加速。無理やり山本の頭を下げさせると顎を使って固定し、浅い右体落で山本を伏せさせると3分4秒、山本に2つ目の「指導」。直後の展開、後がなくなった山本が組み留められる前に左背負投に入るも、これは両手が離れてしまい自ら潰れる。主審は見逃さず偽装攻撃を採り、山本に3つ目の「指導」が宣告されて試合終了。試合時間は3分33秒、王子谷は二回戦に引き続き圧力のみでの勝利。やや慎重さが目立つとはいえ、まずまずの勝ち上がりで準々決勝の畳へ進む。


尾崎央達(センコー)○GS反則[指導3](GS1:45)△影野裕和(愛媛県警察)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.