PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

アジア選手権日本代表発表、髙藤直寿ら世界選手権組も4名選出

(2017年5月12日)

※ eJudoメルマガ版5月12日掲載記事より転載・編集しています。
アジア選手権日本代表発表、髙藤直寿ら世界選手権組も4名選出
全日本柔道連盟は9日、今月26日から28日まで香港で行われるアジア柔道選手権(Asian Judo Championships 2017)の日本代表選手13名を発表した。

代表選手は下記。

8月のブタペスト世界選手権の代表選手からは、男子が60kg級の髙藤直寿(パーク24)、女子が48kg級の渡名喜風南(帝京大4年)、52kg級の志々目愛(了徳寺学園職)、57kg級の芳田司(コマツ)と計4名が送り込まれる。

【男子】

60kg級 髙藤直寿(パーク24)
66kg級 藤阪太郎(大阪府警)
73kg級 立川新(東海大2年)
81kg級 藤原崇太郎(日体大1年)
90kg級 向翔一郎(日本大4年)
100kg超級 七戸龍(九州電力)

【女子】

48kg級 渡名喜風南(帝京大4年)
52kg級 志々目愛(了徳寺学園職)
57kg級 芳田司(コマツ)
63kg級 鍋倉那美(三井住友海上)
70kg級 大野陽子(コマツ)
78kg級 濵田尚里(自衛隊体育学校)
78kg超級 稲森奈見(三井住友海上)

※ eJudoメルマガ版5月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.