PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成29年全日本柔道選手権全試合詳細①一回戦

(2017年5月10日)

※ eJudoメルマガ版5月10日掲載記事より転載・編集しています。
平成29年全日本柔道選手権全試合詳細①一回戦
eJudo Photo
長尾翔太が一本背負投から大内刈に変化して青山正次郎から「技有」を奪う

長尾翔太(兵庫県警察)○GS技有・大内刈(GS0:32)△青山正次郎(福岡県警察)

大会緒戦は曲者長尾と巨漢青山という大会きっての好役者同士の対戦。試合開始が宣せられると、青山は自らをさらに大きく見せるかのごとく両手を大きく広げて構え、対する長尾は腰を左右に切る「長尾ダンス」で自らのボルテージを高めるパフォーマンス。両者が作り出す魅力的な画に場内大いに湧く。

右相四つ。青山が釣り手を先に掴んで圧力を掛けると長尾は片袖の右背負投で先手攻撃。以後も長尾が圧をかわしながら担ぎ技で先んじて攻め、3分6秒具体的な技が出ない青山に「指導1」。直後のシークエンス、青山が長尾の担ぎ技を待ち構えて裏投を狙うと、予測した長尾が右一本背負投から大内刈に変化、青山が背中から畳に落ちて主審は「一本」を宣告。しかし合議の結果青山の自滅と判断されてこれは取り消し、試合は続行となる。その後も試合の構図は大枠変わらず、青山が組み際の右外巻込をラッシュしたところで本戦5分が終了し試合はGS延長戦へ。両者に疲れが見え始めた延長32秒、長尾が本戦で手応えを得た右一本背負投から低い大内刈への連絡技で勝負に出る。崩れた青山は伏せ掛けるが、長尾はここで決めねばと一段力を振り絞って押し込み「技有」獲得。本戦では指導累積差で決着がつかない新ルールを念頭に青山が余裕を持って試合を進めていたが、長尾は我慢を重ねた末に最後は技でのポイントを奪取。殊勲の勝利であり、栄えある全日本柔道選手権のオープニングにふさわしい好試合だった。

尾崎央達(センコー)○GS反則[指導3](GS3:20)△帯川雄大(北海道警)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.