PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大刀洗豪武館が初優勝、5年ぶり決勝進出の春日柔道クラブを破る・第37回全国少年柔道大会即日レポート

(2017年5月5日)

※ eJudoメルマガ版5月5日掲載記事より転載・編集しています。
大刀洗豪武館が初優勝、5年ぶり決勝進出の春日柔道クラブを破る
第37回全国少年柔道大会即日レポート
eJudo Photo
今年も全国の厳しい予選を勝ち抜いた48チーム(開催地は2枠)が講道館に集った

eJudo Photo
選手宣誓は昨年度準優勝の雄武館山中道場(秋田)から、若崎喜志選手。

団体戦で少年柔道日本一を争う第37回全国少年柔道大会は5日、講道館大道場で日程第2日目の試合錬成が行われ、大刀洗豪武館(福岡)が初優勝を飾った。

優勝候補筆頭と目されていた大刀洗豪武館は準決勝で一昨年の王者・二見少年柔道クラブ(兵庫)に3-2で勝利、しかし中堅の佐久間大河が肘を負傷してこの試合で棄権することとなる。4人で戦うこととなった決勝はしかし、春日柔道クラブ(東京)を相手に先鋒の秋吉航輔が鮮やかな内股「一本」を決めて先制。そして次鋒戦を引き分け、中堅戦を不戦負けで落として1-1のタイスコアで迎えた副将戦では髙口誠雄が豪快な体落「一本」で勝利して勝ち越し。大将戦は落としたものの僅差優勢で凌ぎ切り、スコア2-1で初優勝を決めた。

3位には二見柔道クラブと、昨年度大会2位の雄武館山中道場(秋田)が入賞した。

戦評、入賞者、準々決勝以降の対戦詳細と監督・選手のコメントは下記。

※国際柔道連盟試合審判規定(~2016)および「国内における『少年大会特別規定』」採用、試合時間3分、先鋒と次鋒5年生、中堅以降6年生。

※全試合記録は後日配信します

■ 戦評
eJudo Photo
決勝トーナメント1回戦、雄武館山中道場は2点ビハインドから中堅・藤井統司が合技「一本」で勝利

eJudo Photo
準々決勝、雄武館山中道場の大将畠山凱が与那原署スポーツ少年団若駒励心会・宮平匡一郎から大内刈「一本」

【準決勝まで】

3チームずつが配されての予選リーグと決勝トーナメント2戦を経て、準決勝進出の栄を得たのは雄武館山中道場(秋田)、春日柔道クラブ(東京)、大刀洗豪武館(福岡)、二見柔道クラブ(兵庫)の4チーム。

昨年度2位の雄武館山中道場は副将・若崎喜志と大将・畠山凱の大型選手2人の得点力をテコに勝ち進み、勝負どころと目された錬心館岡野道場(千葉)との決勝トーナメント1回戦では前衛2試合を「一本」で落とすピンチから、形勢不利の試合を終盤まで粘り切った中堅藤井統司が合技「一本」で勝利する殊勲。藤井が挙げた反撃の狼煙を受けた若狭と畠山の連続一本勝ちを積み重ねてこの試合をスコア3-2で勝ち抜けると、準々決勝は与那原署スポーツ少年団若駒励心会(沖縄)を4-1と圧倒。見事準決勝進出を決めた。

eJudo Photo
決勝トーナメント1回戦、春日柔道クラブの次鋒饒平名和貴が岬町スポーツ少年団・相川心音の体をめくり返し、後袈裟固で一本勝ち。

eJudo Photo
予選リーグ、大刀洗豪武館の先鋒秋吉航輔が行動館田島道場・武井陽音から内股「一本」

春日柔道クラブは先鋒畠山倖世と次鋒饒平名和貴の5年生コンビが強力、この2人の得点を軸に全試合で3得点以上を挙げてのベスト4入り。決勝トーナメント1回戦では岬町柔道スポーツ少年団(大阪)を3-2、そして山場と目された平柔スポーツ少年団(神奈川)との準々決勝は畠山と饒平名が連勝、最後は大将大村丈の大内刈「一本」を積み重ねて3-1で勝ち抜いた。

大刀洗豪武館はその攻撃力の高さを以て優勝候補の筆頭。初戦の行動館田島道場(群馬)戦はスコア3-1ながら内容は接戦、万全の滑り出しとまでは行かなかったが、これで硬さが取れたか第2試合では福川柔道スポーツ少年団(山口)を4-1の大差で下して予選リーグ突破決定。決勝トーナメント1回戦の棟田武道館(愛媛)戦は大苦戦、勝ち抜きの原動力となっていた先鋒秋吉航輔が湯山肇八に「技有」優勢で敗れる苦しいスタートとなり、中堅戦終了時点で1-2のビハインド。しかし副将髙口誠雄の合技「一本」、大将甲木天の袈裟固「一本」で逆転、スコア3-2でこの試合を勝ち抜く。準々決勝は前戦で松前柔道塾(東京)を下して勝ち上がって来た五十嵐道場(埼玉)を3-1で下し、こちらも全試合で3得点以上を挙げる前評判通りの勝ち上がり。

一昨年の王者、昨年度大会でも3位に入賞している二見少年柔道クラブ(兵庫)は常総市体育協会石下柔道部(茨城)を4-0、県営富山武道館(富山)を3-0と非常に隙のない戦いぶり。決勝トーナメント1回戦は岐阜北柔道クラブ(岐阜)を3-1、準々決勝は藍住真導スポーツ少年団(徳島)を3-1で下し、余裕をもってのベスト4入り決定。

eJudo Photo
準決勝、春日柔道クラブの先鋒畠山倖世が雄武館山中道場・伊藤志竜から内股「有効」

eJudo Photo
雄武館山中道場の副将若崎喜志が得意の出足払で石渡壮堅から鮮やかな「一本」

eJudo Photo
代表戦、島野芽李が藤井統司から大内刈「一本」。春日柔道クラブが決勝進出を決める。

【準決勝】

春日柔道クラブ ②代-2 雄武館山中道場
(先)畠山倖世〇袈裟固(0:47)△伊藤志竜
(次)饒平名和貴〇反則(1:00)△伊藤愛美
※軸足を後から刈る行為による
(中)島野芽李×引分×藤井統司
(副)石渡壮堅△出足払(0:16)〇若崎喜志
(大)大村丈△払巻込(0:44)〇畠山凱
(代)島野芽李〇大内刈(0:32)△藤井統司

前衛が充実している春日柔道クラブ、後衛2枚の絶対の取り味が長所の雄武館山中道場、対照的なチーム構成が真正面から反映された一番となった。

試合は春日柔道クラブの先鋒・畠山倖世が伊藤志竜を右内股で巧みに転がし、袈裟固「一本」でまず勝利。次鋒戦は体格に大きく勝る饒平名和貴の攻めを伊藤愛美が良く耐える展開となったが、饒平名の右払腰を伊藤が前に出て耐えた際に相手の軸足の前に左足が置かれる形となって三審合議の結果伊藤の反則負けが決定。中堅戦は島野芽李の機動力溢れる崩しを藤井統司が耐え切って引き分け、この時点でスコアは2-0。春日柔道クラブの圧倒的リードで前半戦が終わる。
しかし副将戦では若崎喜志があっという間の出足払「一本」で勝利。引き出しの前技を狙いながら一呼吸で狙う、この大会でも決めまくっている得意技でまず1点差に迫ると、畠山凱が大村丈から払腰「一本」で2連勝。本戦5試合は2-2のタイスコアで終了し、決勝進出の行方は代表決定戦に持ち込まれることとなった。

引き分け試合の再試合となる代表戦は中堅戦カードの再現。この試合は島野芽李が本戦同様釣り手を効かせて前に、後ろにと藤井統司を崩し続ける。そして32秒、思い切った大内刈に飛び込むと藤井は真裏に真っ逆さま「一本」。春日柔道クラブが5年ぶりの決勝進出を決めた。

eJudo Photo
中堅戦、福田大和が佐久間大河から背負投「一本」、二見少年柔道クラブが同点に追いつく

eJudo Photo
髙口誠雄が宮本琉冬から小外刈「技有」

大刀洗豪武館 3-1 二見少年柔道クラブ
(先)秋吉航輔〇不戦△中務花唯
(次)空閑大輝×引分×岡本樹梨按
(中)佐久間大河△背負投〇福田大和
(副)髙口誠雄〇合技(0:29)△宮本琉冬
(大)甲木天〇出足払(1:08)△浮田桜史朗

二見少年柔道クラブは前戦で負傷した先鋒中務花唯が出場出来ず、大刀洗豪武館の1点先制で試合がスタート。そして次鋒戦の引き分けを受けた中堅戦でアクシデント、二見少年柔道クラブ・福田大和に抑えられ掛けた大刀洗豪武館・佐久間大河が立ち上がると肘を抑えて痛みに顔を歪める。前段に福田の左背負投を身を捩じって耐えた攻防の際に負傷した模様で、以降は我慢が利かず。福田が豪快な背負投「一本」を決めて試合は1-1のタイスコアとなる。
しかし副将戦は髙口誠雄が宮本琉冬からあっという間に左小外刈「技有」奪取、そのまま横四方固に抑え込み合技「一本」で大刀洗豪武館が勝ち越し。大将戦も甲木天が出足払「一本」で浮田桜史朗を下し、最終スコア3-1を以て大刀洗豪武館の決勝進出が決まった。登録7名の平均体重が42kgという小型ながら手堅い戦いでベスト4まで進んだ二見少年柔道クラブは、ここで惜しくも力尽きた。

eJudo Photo
決勝を前に円陣を組んで気合いを入れる大刀洗豪武館の面々

【決勝】

大刀洗豪武館は一昨年大会以来これが2度目の決勝進出。朝飛道場に惜敗した前回の雪辱を期して、初優勝に挑む。一方の春日柔道クラブは平成24年の第32回大会で優勝を飾って以来の決勝進出。5年ぶり2度目の優勝を狙う。

大刀洗豪武館 ― 春日柔道クラブ
(先)秋吉航輔 ― 畠山倖世
(次)空閑大輝 ― 饒平名和貴
(中)佐久間大河△不戦〇島野芽李
(副)髙口誠雄 ― 石渡壮堅
(大)甲木天 ― 大村丈

中堅を負傷で欠き、4人で戦う大刀洗豪武館は先制が必須。春日柔道クラブの畠山、饒平名の前衛2枚のいずれかを崩さねばならないという厳しいミッションが待ち受ける。一方の春日柔道クラブとしてはこの2枚のいずれかで勝利を得、中堅戦で積みあがる1点を加えて試合の大勢を決めてしまいたいところ。

eJudo Photo
先鋒戦、大刀洗豪武館の秋吉航輔が春日柔道クラブ・畠山倖世から鮮やかな内股「一本」

eJudo Photo
次鋒戦は攻め合いの末に引き分けに終わる

先鋒戦は大刀洗豪武館・秋吉航輔が右、春日柔道クラブ・畠山倖世が左組みのケンカ四つ。秋吉はやる気十分、開始するなり思い切った左内股を放つと、この技と大内刈のコンビネーションに小内刈、出足払と繋いで圧倒。抗した畠山の右体落も自身の左内股に切り返して、完全に主導権を握る。そして52秒、秋吉は組み際に相手を捕まえるなり左内股。ここまで良く耐えて来た畠山だがひときわ前への崩しが効いたこの一撃には為す術なく、鮮やかに決まったこの技は文句なしの「一本」。大刀洗豪武館が先制に成功する。

次鋒戦は空閑大輝が左、饒平名和貴が右組みのケンカ四つ。ともに払腰と支釣込足で攻め合ったこの試合は残り12秒で饒平名に「指導1」が宣告された以外にポイントは入らず、引き分けに終わる。中堅戦は不戦勝で春日柔道クラブに1点が入り、この時点でスコアは1-1のタイとなる。

eJudo Photo
副将戦、髙口誠雄が石渡壮堅を攻める

eJudo Photo
大将戦で大村丈が大内刈、甲木天が大内返を試みる

迎えた勝負どころの副将戦は大刀洗豪武館・髙口誠雄が右、春日柔道クラブ・石渡壮堅が左組みのケンカ四つ。体重70kgの髙口が左小外掛に左内股で攻め、体重48kgの石渡がこれを凌ぎながら試合が進む。しかし34秒、髙口は左内股から突如右体落に連絡。作用足を思い切り踏みしめて存分に体重を利かせたこの奇襲には石渡抗えず、背中から畳に沈んで「一本」。

これでスコアは2-1、大刀洗豪武館の2得点がいずれも「一本」であることで試合の行方はほぼ決した感あり。大将戦は春日柔道クラブ・大村丈が右相四つの甲木天を大内刈と内股で良く攻め、1分38秒に消極的の「指導」獲得、さらに1分58秒には右大内刈で転がし副審1人が「有効」を示す場面も作るが、一本勝ちまでにはたどり着けず。残り2秒で掛け潰れた甲木に「指導2」が与えられて試合終了、大村の勝利も内容は僅差の優勢にとどまり、スコア2-1の内容差で大刀洗豪武館の初優勝が決まった。

eJudo Photo
優勝決定、感無量の表情の大刀洗豪武館チーム

eJudo Photo
優勝旗が手渡される

大刀洗豪武館 ②-2 春日柔道クラブ
(先)秋吉航輔〇内股(0:52)△畠山倖世
(次)空閑大輝×引分×饒平名和貴
(中)佐久間大河△不戦〇島野芽李
(副)髙口誠雄〇体落(0:34)△石渡壮堅
(大)甲木天△優勢[僅差]〇大村丈

大刀洗豪武館・飯田勝弘監督は「自分たちの力を出せば優勝は夢ではないぞ、と話していました。普段から言い続けている『一本』を獲る、攻める柔道を貫いてくれたと思います」と悲願の初優勝に感無量の表情。決勝で殊勲の一本勝ちを決めた秋吉は「4人になってしまったので、絶対に自分が勝たなければいけないと思っていた」と誇らしげに試合を振り返っていた。

大会全体としては、かつてのように世代を一手に代表するような絶対の大駒を持つチーム同士が覇を競うというにぎやかな様相ではなく、ここ数年の傾向を引き継いでいったいにどのチームも小粒。そんな中、2学年をまたぐ厳しいレギュレーションにあっても5人の駒を高い水準でしっかり揃えた大刀洗豪武館、春日柔道クラブ、二見少年柔道クラブや平柔スポーツ少年団(神奈川)など、総合力あるチームの活躍が目立った大会であった。


取材:古田英毅

eJudo Photo
優勝の大刀洗豪武館

eJudo Photo
準優勝の春日柔道クラブ

eJudo Photo
第三位の雄武館山中道場

eJudo Photo
第三位の二見少年柔道クラブ

【入賞者】

優 勝:大刀洗豪武館(福岡)
準優勝:春日柔道クラブ(東京)
第三位:雄武館山中道場(秋田)、二見少年柔道クラブ(兵庫)

技術優秀賞:甲木天、髙口誠雄、秋吉航輔(大刀洗豪武館)、石渡壮堅、島野芽李、饒平名和貴(春日柔道クラブ)、若崎喜志、藤井統司(雄武館山中道場)、福田大和、宮本琉冬(二見少年柔道クラブ)

大刀洗豪武館・飯田勝弘監督のコメント
「優勝を狙ってはいました。子どもたちにも『自分たちの力をしっかり出せば夢ではないぞ』と話していたのですが、やはり全国大会。どこも本当にしっかり稽古して来ていて、初戦から厳しい試合続き。子どもたちが良く頑張ったと思います。決勝は『怪我をした選手の分も頑張ろう』と声をかけて臨みましたが、4人なので、どこでどうなるのか不安もありました。粘ればどうにかなるというところでしたが、先鋒が一本勝ちで五分に戻してくれて、あれが非常に大きかったと思います。今年のチームは明るくて皆仲良しのチーム。『一本を獲る』、たとえ返されても技を繋いで攻める柔道がうちのモットー。その通りにやってくれたと思いますし、将来もどんな選手になって欲しいというより、とにかく『一本』を狙う柔道をしてほしいなと思っています」

大刀洗豪武館・秋吉航輔選手のコメント
「準決勝で怪我があって4人になってしまったので、決勝は自分が絶対に『一本』を獲らないと勝てないと思っていました。絶対勝つぞと自分に言い聞かせて試合をしました。尊敬する選手は阿部一二三選手、将来は『一本』を獲れる柔道をやっていきたいです。これから課題は組み手をもうちょっと早くやれるようにすることです」

大刀洗豪武館・髙口誠雄選手のコメント
「決勝は必ず『一本』取ろうと出ていきました。わりと緊張するタイプですが、試合に出てしまえばあまり気にならない。いつも通りの柔道をすれば勝てると思っていました。尊敬する選手は阿部一二三選手、柔道の好きなところは、投げて『一本』取るとスカっとするところです。将来は世界で活躍できる選手になりたい。」


【準々決勝】

雄武館山中道場(秋田) 4-1 与那原署スポーツ少年団若駒励心会(沖縄)
(先)伊藤志竜〇横四方固(2:01)△玉城来
(次)伊藤愛美△横四方固(1:00)〇渡慶次倫生
(中)藤井統司〇横四方固(3:00)△宮平尚
(副)若崎喜志〇出足払(0:56)△知念泰津
(大)畠山凱〇大内刈(0:40)△宮平匡一郎

春日柔道クラブ(東京) 3-1 平柔スポーツ少年団(神奈川)
(先)畠山倖世〇優勢[僅差]△真田優誠
(次)饒平名和貴〇横四方固(0:48)△本多結
(中)島野芽李△袈裟固(2:43)〇真田康志郎
(副)石渡壮堅×引分×山口翔太郎
(大)大村丈〇大内刈(0:41)△佐藤蓮

大刀洗豪武館(福岡) 3-1 五十嵐道場(埼玉)
(先)秋吉航輔〇優勢[僅差]△中村悠大
(次)空閑大輝〇大外刈(0:10)△眞壁文也
(中)佐久間大河△横四方固(1:47)〇磯野隆太郎
(副)髙口誠雄〇横四方固(1:07)△木村信
(大)甲木天×引分×滝澤維吹

二見少年柔道クラブ(兵庫) 3-1 宇治柔道会(京都)
(先)中務花唯△払腰(1:29)〇西村和真
(次)岡本樹梨按〇横四方固(1:07)△長井楓雅
(中)福田大和×引分×城本憲生
(副)宮本琉冬〇横四方固(1:39)△鋳山亮佑
(大)浮田桜史朗〇優勢[有効・一本背負投]△城本綾野

【準決勝】

春日柔道クラブ ②代-2 雄武館山中道場
(先)畠山倖世〇袈裟固(0:47)△伊藤志竜
(次)饒平名和貴〇反則(1:00)△伊藤愛美
※軸足を後から刈る行為による
(中)島野芽李×引分×藤井統司
(副)石渡壮堅△出足払(0:16)〇若崎喜志
(大)大村丈△払巻込(0:44)〇畠山凱
(代)島野芽李〇大内刈(0:32)△藤井統司

大刀洗豪武館 3-1 二見少年柔道クラブ
(先)秋吉航輔〇不戦△中務花唯
(次)空閑大輝×引分×岡本樹梨按
(中)佐久間大河△背負投〇福田大和
(副)髙口誠雄〇合技(0:29)△宮本琉冬
(大)甲木天〇出足払(1:08)△浮田桜史朗

【決勝】

大刀洗豪武館 ②-2 春日柔道クラブ
(先)秋吉航輔〇内股(0:52)△畠山倖世
(次)空閑大輝×引分×饒平名和貴
(中)佐久間大河△不戦〇島野芽李
(副)髙口誠雄〇体落(0:34)△石渡壮堅
(大)甲木天△優勢[僅差]〇大村丈

※ eJudoメルマガ版5月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.