PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大刀洗豪武館が初優勝、5年ぶり決勝進出の春日柔道クラブを破る・第37回全国少年柔道大会即日レポート

(2017年5月5日)

※ eJudoメルマガ版5月5日掲載記事より転載・編集しています。
大刀洗豪武館が初優勝、5年ぶり決勝進出の春日柔道クラブを破る
第37回全国少年柔道大会即日レポート
eJudo Photo
今年も全国の厳しい予選を勝ち抜いた48チーム(開催地は2枠)が講道館に集った

団体戦で少年柔道日本一を争う第37回全国少年柔道大会は5日、講道館大道場で日程第2日目の試合錬成が行われ、大刀洗豪武館(福岡)が初優勝を飾った。

優勝候補筆頭と目されていた大刀洗豪武館は準決勝で一昨年の王者・二見少年柔道クラブ(兵庫)に3-2で勝利、しかし中堅の佐久間大河が肘を負傷してこの試合で棄権することとなる。4人で戦うこととなった決勝はしかし、春日柔道クラブ(東京)を相手に先鋒の秋吉航輔が鮮やかな内股「一本」を決めて先制。そして次鋒戦を引き分け、中堅戦を不戦負けで落として1-1のタイスコアで迎えた副将戦では髙口誠雄が豪快な体落「一本」で勝利して勝ち越し。大将戦は落としたものの僅差優勢で凌ぎ切り、スコア2-1で初優勝を決めた。

3位には二見柔道クラブと、昨年度大会2位の雄武館山中道場(秋田)が入賞した。

戦評、入賞者、準々決勝以降の対戦詳細と監督・選手のコメントは下記。

※国際柔道連盟試合審判規定(~2016)および「国内における『少年大会特別規定』」採用、試合時間3分、先鋒と次鋒5年生、中堅以降6年生。

※全試合記録は後日配信します

■戦評

【準決勝まで】

3チームずつが配されての予選リーグと決勝トーナメント2戦を経て、準決勝進出の栄を得たのは雄武館山中道場(秋田)、春日柔道クラブ(東京)、大刀洗豪武館(福岡)、二見柔道クラブ(兵庫)の4チーム。

昨年度2位の雄武館山中道場は副将・若崎喜志と大将・畠山凱の大型選手2人の得点力をテコに勝ち進み、勝負どころと目された錬心館岡野道場(千葉)との決勝トーナメント1回戦では前衛2試合を「一本」で落とすピンチから、形勢不利の試合を終盤まで粘り切った中堅藤井統司が合技「一本」で勝利する殊勲。藤井が挙げた反撃の狼煙を受けた若狭と畠山の連続一本勝ちを積み重ねてこの試合をスコア3-2で勝ち抜けると、準々決勝は与那原署スポーツ少年団若駒励心会(沖縄)を4-1と圧倒。見事準決勝進出を決めた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.