PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

代表選手が少年柔道家たちに胸を貸す、一番人気の王子谷は小学生に押し込まれタジタジ・第37回全国少年柔道大会合同錬成レポート

(2017年5月4日)

※ eJudoメルマガ版5月4日掲載記事より転載・編集しています。
代表選手が少年柔道家たちに胸を貸す、一番人気の王子谷は小学生に押し込まれタジタジ
第37回全国少年柔道大会合同錬成レポート
eJudo Photo
4人の代表選手が参加した

第37回全国少年柔道大会をあすに控えたきょう4日、講道館で同大会の参加チームを対象とした合同錬成が行われた。この日は王子谷剛志、ウルフアロン、朝比奈沙羅、芳田司の4名の代表選手が講師として招かれ、あこがれの選手たちを前に参加した少年柔道家たちは興奮を隠しきれない様子だった。

上村春樹講道館長の「全日本の選手の技を目で見て音で聞いて、違いを感じてください」との挨拶から始まり、続いて古根川実・全日本男子代表コーチによる柔道の精神や礼儀作法についての講義が行われた。講義の後には代表選手への質疑応答コーナーが設けられ、「尊敬する選手」や「全日本選手権の決勝はどんな気持ちでしたか」など様々な質問が飛んだ。「どれくらいご飯を食べますか」と質問された王子谷は「みんなが食べたらパンクしちゃうくらい食べます。いっぱい食べてください。」と回答、さしもの全日本選手権王者も小学生からの予想外の質問にたじたじといった様子だった。

全体でアップを行った後は4つのコーナーに分かれて代表選手による得意技の講習会が行われた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.