PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「男子代表はアベンジャーズ」と井上監督・ブダペスト世界選手権日本代表記者会見

(2017年5月3日)

※ eJudoメルマガ版5月3日掲載記事より転載・編集しています。
「男子代表はアベンジャーズ」と井上監督・ブダペスト世界選手権日本代表記者会見
eJudo Photo

eJudo Photo

2日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)でブダペスト世界選手権(8月28日~9月3日)の日本代表記者会見が行われ、男女計18名の代表選手が大会にかける意気込みを語った。

今回の代表チームは10名が世界大会初出場(団体戦除く)。全日本柔道選手権に優勝して初代表の座を掴んだばかりの王子谷剛志(旭化成)は「初出場ですが世界選手権への準備はしてきました。出し切って優勝したいです。」と語り、気合い十分といった様子だった。

男女両監督のコメント要旨は下記

井上康生・男子監督のコメント
「九人九様で色々なキャラクターを持っていて、個人的にはアベンジャーズみたいだなと感じています。王子谷がハルクで、キャプテンアメリカは羽賀ですかね(笑)。各個人が能力を上げ、力を発揮して世界を制していくというイメージです。海外からも来年再来年と五輪までに強い選手が出てくると思いますし、国内からも新しいキャラクターが出てくると思います。そのような状況のなかでしっかりと戦っていきたいです。」

増地克之・女子監督のコメント
「過去に世界選手権や五輪を経験したものもいますが、初代表の選手が多いです。4ヶ月しっかりと準備をして本番で大胆な試合ができる状況を作っていきたいです。チャレンジ、挑戦という気持ちで大会や合宿に臨んでもらいたいと思います。」


取材・文:林さとる

※ eJudoメルマガ版5月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.