PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]王子谷剛志が2年連続3度目の優勝、決勝でウルフアロンを下す・平成29年全日本柔道選手権

(2017年4月29日)

※ eJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]王子谷剛志が2年連続3度目の優勝、決勝でウルフアロンを下す・平成29年全日本柔道選手権
eJudo Photo
決勝、王子谷がウルフアロンを小内刈で攻める

eJudo Photo
準決勝、王子谷剛志(旭化成)が七戸龍(九州電力)の腕を極めて浴びせ倒す。そのまま寝技に移行し縦四方固「一本」。

体重無差別で柔道日本一を争う平成29年全日本柔道選手権が29日、日本武道館で全国10ブロックの予選を勝ち抜いた精鋭43名(推薦選手4名含む)が集って行われ、王子谷剛志(推薦・旭化成)が2年連続3度目の優勝を飾った。

王子谷は2回戦で佐藤大地(東北・羽黒高教)、3回戦で山本幸紀(関東・日本エースサポート)を圧力で押し切りいずれも手堅く3つの「指導」を積んで勝利。ここから一気にギアを上げ、準々決勝は組み手で粘る尾崎央達(東京・センコー)の左背負投を右内股に切り返して「一本」、勝負どころの準決勝では七戸龍(九州・九州電力)を支釣込足で崩し、肘を極めながらめくり返して縦四方固「一本」で勝利。迎えた決勝は逆サイドの準々決勝で上川大樹(推薦・京葉ガス)、準決勝で加藤博剛(関東・千葉県警察)と難敵を立て続けに破って勝ち上がって来た後輩ウルフアロン(東京・東海大4年)と対戦。GS延長戦に縺れ込む消耗戦の中、出血処置の中断後に一気にペースアップ、ウルフから2つ目の「指導」を奪って優勝を決めた。

戦後「素直にうれしい」と語った王子谷はこれで昨年11月の講道館杯から、12月のグランドスラム東京、2月のグランドスラム・パリ、4月初旬の全日本選抜体重別選手権に今大会と出場大会に全勝。理由を問われると「リオデジャネイロ五輪に出場できなかった悔しさを持続できていること」と応え、「世界選手権の代表になって、優勝します」と初出場となる8月の世界選手権に向けての強い意気込みを語った。

王子谷の最大のライバルと目された原沢久喜(推薦・日本中央競馬会)は3回戦で敗退。百瀬優(九州・旭化成)に内股を仕掛けたところを背中に食いつかれ、送襟絞で絞め落とされる屈辱を味わった。

五輪金メダリスト枠で出場した73kg級の大野将平(推薦・旭化成)は2回戦で90kg級の強者池田賢生(東京・日本中央競馬会)と対戦。合計10分近い攻め合いの末に池田が仕掛けた組み際の大外刈「一本」で屈し、勝利には手が届かなかった。

入賞者と全試合の結果は下記。

eJudo Photo
連覇で三度目の戴冠を果たした王子谷剛志

【入賞者】
優 勝:王子谷剛志(旭化成)
準優勝:ウルフアロン(東海大4年)
第三位:七戸龍(九州電力)、加藤博剛(千葉県警)
第五位:尾崎央達(センコー)、垣田恭兵(旭化成)、上川大樹(京葉ガス)、百瀬優(旭化成)

【一回戦】
長尾翔太(兵庫県警察)○GS技有・大内刈(GS0:32)△青山正次郎(福岡県警察)
尾崎央達(センコー)○GS反則[指導3](GS3:20)△帯川雄大(北海道警察)
影野裕和(愛媛県警察)○優勢[技有・一本背負投]△奥嶋聡(山口県警察)
丸山剛毅(パーク24)○大外刈(2:15)△佐藤和幸(愛知県警察)
春山友紀(自衛隊体育学校)○崩上四方固(3:58)△猪又秀和(東京学館新潟高教)
垣田恭兵(旭化成)○GS反則[指導3](GS0:53)△一色勇輝(日本大3年)
赤迫健太(新日鐵住金)○GS技有・内股(GS0:35)△阪本健介(了徳寺学園職)
橋爪謙(長野県警察)○GS有効・小内刈(GS2:10)△一戸勇人(北海道警察)
池田賢生(日本中央競馬会)○優勢[有効・小内巻込]△松村颯祐(開星高3年)
百瀬優(旭化成)○GS有効・浮落(GS2:33)△北野裕一(パーク24)
穴井航史(旭化成)○横四方固(5:17)△滝大輔(香川県警察)
五十嵐唯大(愛知県警察)○優勢[有効・内股]△木下泰成(兵庫県警察)

【ニ回戦】
王子谷剛志(旭化成)○反則[指導3](4:18)△佐藤大地(羽黒高教)
山本幸紀(日本エースサポート)○GS内股(GS1:00)△長尾翔太(兵庫県警察)
尾崎央達(センコー)○優勢[有効・小内刈]△下和田翔平(京葉ガス)
影野裕和(愛媛県警察)○不戦△ベイカー茉秋(日本中央競馬会)
七戸龍(九州電力)○GS有効・浮落(GS0:42)△香川大吾(東海大3年)
丸山剛毅(パーク24)○GS指導1(GS1:49)△中村剛教(大阪府警察)
小川雄勢(明治大3年)○GS内股(GS0:29)△春山友紀(自衛隊体育学校)
垣田恭兵(旭化成)○GS技有・巴投(GS4:08)△小川竜昂(新日鐵住金)
上川大樹(京葉ガス)○GS崩上四方固(GS2:31)△松雪直斗(福岡県警察)
赤迫健太(新日鐵住金)○反則[指導3](4:11)△制野龍太郎(宮城県警察)
ウルフアロン(東海大4年)○内股(0:26)△橋爪謙(長野県警察)
池田賢生(日本中央競馬会)○GS大外刈(GS4:54)△大野将平(旭化成)
原沢久喜(日本中央競馬会)○横四方固(3:44)△新井信吾(埼玉県警察)
百瀬優(旭化成)○合技[内股透・崩上四方固](3:30)△奥村達郎(日本エースサポート)
後藤隆太郎(三井物産)○優勢[有効・小外刈]△穴井航史(旭化成)
加藤博剛(千葉県警察)○優勢[技有・巴投]△五十嵐唯大(愛知県警察)

【三回戦】
王子谷剛志○反則[指導3](3:33)△山本幸紀
尾崎央達○GS反則[指導3](GS1:45)△影野裕和
七戸龍○内股(2:10)△丸山剛毅
垣田恭兵○GS指導2(GS3:47)△小川雄勢
上川大樹○払釣込足(3:14)△赤迫健太
ウルフアロン○小外掛(2:27)△池田賢生
百瀬優○送襟絞(0:38)△原沢久喜
加藤博剛○GS技有・内巻込(GS2:06)△後藤隆太郎

【準々決勝】
王子谷剛志○内股(2:41)△尾崎央達
七戸龍○腕挫十字固(3:24)△垣田恭兵
ウルフアロン○GS反則[指導3](GS1:24)△上川大樹
加藤博剛○優勢[有効・巴投]△百瀬優

【準決勝】
王子谷剛志○縦四方固(2:38)△七戸龍
ウルフアロン○反則[指導3](4:45)△加藤博剛

【決勝】
王子谷剛志○GS指導2(GS2:20)△ウルフアロン

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.