PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]王子谷剛志が2年連続3度目の優勝、決勝でウルフアロンを下す・平成29年全日本柔道選手権

(2017年4月29日)

※ eJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]王子谷剛志が2年連続3度目の優勝、決勝でウルフアロンを下す・平成29年全日本柔道選手権
eJudo Photo
決勝、王子谷がウルフアロンを小内刈で攻める

体重無差別で柔道日本一を争う平成29年全日本柔道選手権が29日、日本武道館で全国10ブロックの予選を勝ち抜いた精鋭43名(推薦選手4名含む)が集って行われ、王子谷剛志(推薦・旭化成)が2年連続3度目の優勝を飾った。

王子谷は2回戦で佐藤大地(東北・羽黒高教)、3回戦で山本幸紀(関東・日本エースサポート)を圧力で押し切りいずれも手堅く3つの「指導」を積んで勝利。ここから一気にギアを上げ、準々決勝は組み手で粘る尾崎央達(東京・センコー)の左背負投を右内股に切り返して「一本」、勝負どころの準決勝では七戸龍(九州・九州電力)を支釣込足で崩し、肘を極めながらめくり返して縦四方固「一本」で勝利。迎えた決勝は逆サイドの準々決勝で上川大樹(推薦・京葉ガス)、準決勝で加藤博剛(関東・千葉県警察)と難敵を立て続けに破って勝ち上がって来た後輩ウルフアロン(東京・東海大4年)と対戦。GS延長戦に縺れ込む消耗戦の中、出血処置の中断後に一気にペースアップ、ウルフから2つ目の「指導」を奪って優勝を決めた。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.