PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

連覇狙う王子谷剛志中心にシード選手4人が優勝争いの軸、本気で無差別挑む73kg級大野将平に期待・平成29年全日本柔道選手権大会展望

(2017年4月29日)

※ eJudoメルマガ版4月28日掲載記事より転載・編集しています。
連覇狙う王子谷剛志中心にシード選手4人が優勝争いの軸、本気で無差別挑む73kg級大野将平に期待
平成29年全日本柔道選手権大会展望
eJudo Photo
今年も聖地・日本武道館に精鋭たちが集う

■有力選手

無差別で柔道日本一を争う全日本柔道選手権がきょう29日、日本武道館で全国の精鋭43名が集って行われる。

今年度の優勝争いはシードの栄を受けた王子谷剛志(推薦)、原沢久喜(推薦)、七戸龍(九州)、上川大樹(推薦)の4人が軸。注目選手は枚挙に暇がないが、特に五輪金メダリスト枠で出場する73kg級の大野将平(推薦)を挙げておきたい。

連覇を狙う王子谷は昨年優勝しながら、リオデジャネイロ五輪への出場は叶わず。悔しさをバネに11月の講道館杯、12月のグランドスラム東京、2月のグランドスラム・パリ、そして今月初頭に行われた全日本選抜体重別と、今年度世界選手権(8月28日~9月3日、ハンガリー・ブタペスト)の予選として組まれた全大会に優勝、現在世界選手権代表レースの一番手につけてもいる。当初は内容低調ながらもしぶとく結果を残すという体であったが、徐々に勝ちぶりも向上。前述4人の中で現在唯一その戦いぶりが安定していること、既に賜杯獲得の経験があること、なによりこれまで発揮して来た比類なき「全日本の畳での強さ」を勘案すると今大会は優勝候補の第一と挙げて良いのではないだろうか。前日会見での受け答えにも、良い精神状態で調整出来ていることが十分に伺われた。

リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した原沢は、実績実力ともに戴冠の資格十分。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.