PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ブタペスト世界選手権女子代表決まる、2枠目追加は48kg級と52kg級

(2017年4月16日)

※ eJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。
ブタペスト世界選手権女子代表決まる、2枠目追加は48kg級と52kg級
eJudo Photo
発表会見に臨む金野潤強化委員長と増地克之女子代表監督

皇后盃全日本女子柔道選手権後に開催された全日本柔道連盟強化委員会で、ブタペスト世界選手権の女子代表が決定され、即日発表された。

2週間前の全日本選抜体重別選手権終了時に個人戦の総枠9名のうち6名が既に発表されており、この日決められたのは3名。78kg超級にこの日の皇后盃で優勝を飾った朝比奈沙羅(東海大3年)が選出され、48kg級と52kg級の2枠目にそれぞれ渡名喜風南(帝京大4年)、志々目愛(了徳寺学園職)が選ばれた。

併せて団体戦の追加メンバーも発表され、78kg超級に素根輝(南筑高2年)、個人戦の派遣がない63kg級には津金恵(筑波大4年)と能智亜衣美(筑波大4年)、57kg級には宇髙菜絵(コマツ)が選ばれた。

代表リストは下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.