PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第39回全国高等学校柔道選手権女子団体戦マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2017年4月12日)

※ eJudoメルマガ版4月12日掲載記事より転載・編集しています。
第39回全国高等学校柔道選手権女子団体戦マッチレポート①1回戦~準々決勝
eJudo Photo
団体戦開始式。今年も全国の精鋭たちが聖地・日本武道館に集った。

第39回全国高等学校柔道選手権大会、3人制(52kg以下、63kg以下、無差別)点取り方式で行われる女子団体戦の優勝候補筆頭は夙川学院高(兵庫)。先鋒にグランプリ・デュッセルドルフを制したばかりのホープ・阿部詩という大駒を置き、中堅にはインターハイ個人戦2位の岡田萌を置く強力布陣、この構図を踏まえた1年生大将・吉峰芙母絵の踏ん張りにより12月の水田杯、若潮杯と無差別レギュレーションの戦いをこの3人で連勝している。

先鋒に最強カードを置く「前重心」夙川学院と対照的なチーム構成で対抗馬に挙げられるのが、南筑高(福岡)。こちらは大将にグランドスラム東京2位の素根輝を置く「重量級のエースを持つチームがもっとも強い」というこの大会の伝統的な強者の法則を貫いて初の頂点取りを目指す。阿部の夙川か、素根の南筑かという対決構図が今大会を貫くもっとも大きなテーマだ。

これにバランス良く鍛えこまれた大成高(愛知)らをはじめとするシード校が挑むというのが大会大枠の構図。本稿ではトーナメントを4つのブロックに割って、まず準々決勝までの戦いを振り返ってみたい。

■ Aブロック
eJudo Photo
2回戦、南筑高の中堅古野彩佳が同階級の個人王者・香川瑞希から横四方固「有効」奪取

eJudo Photo
南筑は大将・素根輝が一色美緒を小外掛「一本」で下して初戦突破決定

Aシード校:南筑高(福岡)
Bシード校:比叡山高(滋賀)
準々決勝進出校:南筑高(福岡)、創志学園高(岡山)

[Aブロック2回戦]

南筑高(福岡) 2-0 広島皆実高(広島)
(先)石井星×引分×博田佳乃
(中)古野彩佳〇優勢[有効]△香川瑞希
(大)素根輝〇小外掛(1:47)△一色美緒

第1シードの南筑に早くも試練、初戦は中堅枠に個人戦57kg級王者香川瑞希と63kg級の強者一色美緒の2人を擁する強豪・広島皆実高との対戦が組まれた。盤面上最重要と目された先鋒戦で石井星がしっかり引き分けて試合の流れは南筑へ、そして迎えた中堅戦では古野彩佳が昨夏のインターハイ個人戦準決勝のリベンジ、前日に個人戦57kg級を制している香川に「有効」を失いながらも大内刈「有効」、横四方固「有効」と奪回して逆転勝ち。この古野の大殊勲で試合は実質終了、大将戦はエースの個人戦無差別王者・素根輝が一色を小外掛「一本」で破りフィニッシュ。南筑は課題とされた前衛の奮闘あって素晴らしい形で初戦を突破。

eJudo Photo
3回戦、大将戦で南筑高・素根輝が八千代高・吉田菜美から体落「一本」

[Aブロック3回戦]

南筑高(福岡) ①-1 八千代高(千葉)
(先)石井星△優勢[有効]〇横山澄香
(中)古野彩佳×引分×野口佳奈
(大)素根輝〇体落(1:54)△吉田菜美

続く3回戦、先鋒石井が横山澄香に「有効」優勢で敗れ、南筑は苦しいスタート。しかし中堅古野は最低限のミッションである引き分けを獲得して、しっかり勝負の襷を繋ぐ。大将戦は自身の仕事を理解し切った素根が体を投げ出すような左体落「一本」で吉田菜美を破ってフィニッシュ。南筑、逆転勝ちでぶじベスト8進出決定。

大枠順当に進んだ上側の山の一方で、逆サイドの山はシード校比叡山高(滋賀)が初戦敗退という衝撃的なスタート。2回戦の長崎明誠高(長崎)で、シードの根拠となった先鋒瀧川萌が前日の個人戦で崩上四方固「一本」で下している大島彩海に崩袈裟固「一本」で敗れ、そのまま2試合を引き分けて0-1で試合終了、早くも武道館を去ることとなった。

このブロックからのベスト8進出はあるいはシード校へのピックアップもあり得るのではと前評判の高かった創志学園高(岡山)。初戦は先鋒から堀田るあ、浦明澄、小林静香という布陣で臨んで高知南高(高知)を3-0、2回戦も同布陣で新発田農高(新潟)を3-0、そして山場の3回戦では長崎明誠高を相手に大将を古賀ひよりに入れ替えて対峙、先鋒戦を引き分けると中堅浦が大幸瞳子に僅差の優勢勝ち、大将戦で古賀が辻七海から「技有」優勢で勝利して2-0でフィニッシュ。無失点、9戦して8得点という盤石の戦いぶりで第1シード校・南筑への挑戦権を得た。

eJudo Photo
準々決勝、中堅戦で創志学園高・浦明澄が南筑・古野彩佳を大外刈で大きく崩す

eJudo Photo
浦はそのまま腕を抱えて引込返、抱えた腕を極めたまま横四方固「一本」

eJudo Photo
大将戦、素根輝が古賀ひよりから払腰「一本」

eJudo Photo
素根は続く代表戦で浦明澄から小外掛「技有」奪取、そのまま抑え込んで一本勝ちを果たす

[Aブロック準々決勝]

南筑高(福岡) ①代-1 創志学園高(岡山)
(先)石井星×引分×堀田るあ
(中)古野彩佳△横四方固(1:44)〇浦明澄
(大)素根輝〇払腰(0:47)△古賀ひより
(代)素根輝〇合技(2:46)△浦明澄

南筑にとってはこれぞ究極の勝ち方。先鋒戦を引き分け、中堅戦では古野が個人戦63kg級2位の浦明澄に横四方固「一本」で屈したが、大将素根が古賀ひよりから払腰「一本」で勝利して勝負を代表戦に持ち込む。迎えた代表戦は素根が小外掛「技有」から横四方固に連絡して浦に一本勝ち。「無差別枠に絶対的な駒を置く」この型のチームの強さをしっかり発揮して、見事ベスト4入り決定。

素根の得点力の高さがあらためて証明されたここまでの戦いであったが、初戦で2-0、2戦目で1-1の内容差、3戦目で1-1の代表戦決着と、南筑はステージが上がるにつれスコアを下げている。ヒタヒタと周辺戦力が侵食され、素根の牙城に他校の包囲が迫りつつある予感もあり。以後の戦いも予断を許さない。

【Aブロック1回戦結果】

広島皆実高(広島) 3-0 光星高(青森)
名張高(三重) 2-1 奈良育英高(奈良)
長崎明誠高(長崎) 1-0 土浦日大高(茨城)
創志学園高(岡山) 3-0 高知南高(高知)

【Aブロック2回戦結果】

南筑高(福岡) 2-0 広島皆実高(広島)
八千代高(千葉) 2-1 名張高(三重)
長崎明誠高(長崎) 1-0 比叡山高(滋賀)
創志学園高(岡山) 3-0 新発田農高(新潟)

【Aブロック3回戦結果】

南筑高 ①-1 八千代高
創志学園高 2-0 長崎明誠高

【Aブロック準々決勝結果】

南筑高 ①代-1 創志学園高

■ Bブロック
Aシード校:大成高(愛知)
Bシード校:埼玉栄高(埼玉)
準々決勝進出校:大成高(愛知)、埼玉栄高(埼玉)

[Bブロック2回戦]

大成高(愛知) 1-0 小杉高(富山)
(先)和田君華×引分×沢辺咲紀
(中)山内もも×引分×番匠美沙貴
(大)和田梨乃子〇優勢[僅差]△松田美悠

大成は先鋒に個人戦48kg級2位の和田君華、そして中堅に山内もも、大将には個人戦無差別2位の和田梨乃子と名前と実績のある選手をズラリと並べたが、小杉高の好選手沢辺咲紀と番匠美沙貴を抜けず2戦連続の引き分け。皇后盃出場を決めている強者同士の対戦となった大将戦は和田が松田美悠を「指導」累積で破って勝利は決めたものの、スコアは僅差優勢の1点による1-0とまさしく最少得点差。手堅いが爆発力に欠ける大成の特徴が如実に現れた初戦であった。小杉は、あるいはシード校ピックアップがあり得ると目された強豪であったが組み合わせの不運に泣いた形。2回戦で武道館を去ることとなった。

大成は3回戦も同じ布陣で常盤高(群馬)に対峙、和田君華が僅差の優勢、山内が袖釣込腰「一本」、和田が合技「一本」と順当に勝利を重ねて3-0で勝利。ぶじベスト8入りを決める。

下側の山からはシード校埼玉栄高(埼玉)が順当にベスト8入り。初戦から先鋒に上ノ原美玲、中堅には「階級落ち」の52kg級の強者富沢佳奈、大将に都結乃を置く本命オーダーで布陣し、まず生光学園高(徳島)を3-0で撃破。富沢はこの試合「指導」連取で優勢勝ちを果たしており、大きい選手への耐性と適性をしっかり示した形。

というわけで順調に大会を滑り出した埼玉栄だが、次戦の山形工高(山形)戦では2戦連続の一本勝ちのあと、都が試合終了直前の小外掛「一本」で神保朱李に敗れる不首尾。都の得点力と「我慢」の有無が埼玉栄最大の課題であり上位進出のカギ、しかし弱点である不安定さが早くも顔をのぞかせた形で、以後の道のりに不安感漂った一番であった。

[Bブロック準々決勝]

大成高(愛知) 2-1 埼玉栄高(埼玉)
(先)和田君華○優勢[技有]△上ノ原美玲
(中)山室未咲△優勢[僅差]〇富沢佳奈
(大)和田梨乃子〇払巻込(0:56)△都結乃

大成がベスト4入り。埼玉栄としては先鋒で粘り、中堅でなんとか勝利を得て大将で凌ぐ1-0フィニッシュが勝利に至るシナリオであったと思われるが、大成の先鋒和田君華が値千金の「技有」優勢で早々にこの目論見を挫く。埼玉栄は富沢佳奈がこの試合から投入されたもと全国中学校柔道大会63kg級王者の山室未咲を「指導」累積で破って気丈に自分の仕事を果たしたが、大将戦はその奮闘を後目に大成・和田梨乃子が都結乃をあっという間の払巻込「一本」で下し試合終了。大成がシードの序列をそのままに、しっかり準決勝への勝ち上がりを決めた。

【Bブロック1回戦結果】

小杉高(富山) 2-1 鹿児島南高(鹿児島)
常盤高(群馬) 2-0 星翔高(大阪)
生光学園高(徳島) 1-0 敦賀高(福井)
山形工高(山形) 1-0 九州学院高(熊本)

【Bブロック2回戦結果】

大成高(愛知) 1-0 小杉高(富山)
常盤高(群馬) 2-1 東北高(宮城)
埼玉栄高(埼玉) 3-0 生光学園高(徳島)
山形工高(山形) 2-0 倉吉農高(鳥取)

【Bブロック3回戦結果】

大成高 3-0 常盤高
埼玉栄高 2-1 山形工高

【Bブロック準々決勝結果】

大成高2-1 埼玉栄高

■ Cブロック
eJudo Photo
2回戦、夙川学院高の先鋒阿部詩が明誠高・三浦瑛奈を相手に電光石火の内股「有効」

eJudo Photo
夙川学院は大将長谷川瑞紀が渡部彩乃から大内刈「一本」、これで3-0と完璧なスタートを切ることに成功

Aシード校:夙川学院高(兵庫)
Bシード校:帝京高(東京)
準々決勝進出校:夙川学院高(兵庫)、帝京高(東京)

優勝候補筆頭と目される夙川学院高は第2シード、その登場は2回戦から。初戦は明誠高(島根)を相手に先鋒阿部詩が試合が始まるなりの袈裟固「一本」(0:29)、中堅岡田萌が合技「一本」(1:38)、大将長谷川瑞紀が大内刈「一本」(1:58)と連続得点。まさしく電車道、3-0の圧勝で快調な滑り出しを見せる。

そして迎える3回戦が非常な山場、シード校に劣らぬ陣容と力を持つ富士学苑高(山梨)が待ち受ける。こちらは先鋒鳥山妃奈、中堅に63kg級個人王者の結城彩乃、大将簑和田奈未子という陣容で大会をスタート、1回戦では前衛2枚の連続得点で喜多方桐桜高(福島)を2-0、強豪藤枝順心高(静岡)を畳に迎えた2回戦では鳥山が中村愛香莉を引き分けで止めると後衛2枚が連続得点、これも2-0で勝利して3回戦へと駒を進めて来ている。

eJudo Photo
勝負どころの3回戦、夙川学院は阿部が移腰「一本」で中村遊季を下し、アップセットに燃える富士学苑高の出端を挫く

eJudo Photo
この試合から入った大将吉峰芙母絵が簑和田奈未子から大内刈「一本」、夙川学院が2-0で勝利を決める

[Cブロック3回戦]

夙川学院高(兵庫) 2-0 富士学苑高(静岡)
(先)阿部詩〇移腰(0:45)△中村遊季
(中)岡田萌×引分×結城彩乃
(大)吉峰芙母絵〇大内刈(2:27)△簑和田奈未子

富士学苑は対阿部詩用の刺客としてこの試合から先鋒に中村遊季を投入。ここを凌いで中堅結城での勝ち越しというシナリオで打倒夙川学園を狙ったが、阿部詩が豪快な移腰「一本」でこの意図を早々に挫く。こうなればもともと地力に勝る夙川学院が俄然有利、岡田萌が結城彩乃としっかり引き分け、大将戦では満を持して投入された吉峰芙母絵が簑和田奈未子に大内刈「一本」、2-0という一方的なスコアで勝利を決めた。

富士学苑の後衛2枚は背景に抱える「一本」ビハインドの重さにバイタリティを削がれた感あり。しっかり仕事をすれば勝利に手が届く夙川学院とのバックグラウンドの差が勝負を分けた試合であり、阿部の仕事ぶり際立つ一番であった。

eJudo Photo
2回戦、帝京高・中村愛美が丸子修学館高・荻原杏慈から支釣込足「有効」

下側の山からはシード校・帝京が順当に勝ち上がり。初戦から大森生純、中村愛美、高橋瑠璃と本命オーダーを投入し、2回戦でまず丸子修学館高(長野)をオール一本勝ちの3-0、京都文教高を畳に迎えた3回戦では、大森がまず強者久保井仁菜を引き分けで止め、中村の引き分けを受けた大将戦で高橋がしっかり一本勝ち。手堅く1-0で勝利して無失点のまま準々決勝進出を決めて来た。

eJudo Photo
準々決勝、先鋒戦は阿部詩が大森生純を攻め続けて僅差の優勢勝ち

eJudo Photo
岡田萌が中村愛美から内股「一本」、夙川学院は前衛2枚で勝負を決める

[Cブロック準々決勝]

夙川学院高(兵庫) 2-1 帝京高(東京)
(先)阿部詩○優勢[僅差]△大森生純
(中)岡田萌○内股(1:25)△中村愛美
(大)吉峰芙母絵△反則(1:48)〇髙橋瑠璃

夙川学院が帝京を力で押し切った。大将戦はここまでの実績からも対戦歴からも帝京の大将・高橋瑠璃の優位が確実。これを十分踏まえた上で万が一にも内容差、あるいは重量級の強者髙橋を迎えての代表戦という高難度シナリオへの突入を避けるべく、まず阿部詩が大森生純をしつこく攻め続けて「指導」差で勝利、さらに岡田萌が相手に抱かせておいての押しつぶすような内股「一本」と2点を積み上げて早々に試合を決めてしまう。大将戦は想定通りに高橋の勝利に終わったが時すでに遅く、スコア2-1で夙川学院の勝利が決定。いよいよ始まる上位対戦に向けて、夙川学院の前衛2枚の使命感と得点力の高さが際立った一番だった。

【Cブロック1回戦】

明誠高(島根) ①-1 小林西高(宮崎)
富士学苑高(山梨) 2-0 喜多方桐桜高(福島)
丸子修学館高(長野) 1-0 盛岡南高(岩手)
京都文教高(京都) ①-1 小城高(佐賀)

【Cブロック2回戦】

夙川学院高(兵庫) 3-0 明誠高(島根)
富士学苑高(山梨) 2-0 藤枝順心高(静岡)
帝京高(東京) 3-0 丸子修学館高(長野)
京都文教高(京都) 2-1 高松商高(香川)

【Cブロック3回戦】

夙川学院高 2-0 富士学苑高
帝京高 1-0 京都文教高

【Cブロック準々決勝】

夙川学院高2-1 帝京高

■ Dブロック
Aシード校:敬愛高(福岡)
Bシード校:桐蔭学園高(神奈川)
準々決勝進出校:敬愛高(福岡)、桐蔭学園高(神奈川)

ふたつのシード校が順当に準々決勝まで駒を進める。

敬愛は西尾果連、都留麻瑞、中原爽というオーダーでまず2回戦は高川学園高(山口)を3-0、3回戦の鶯谷高(岐阜)戦では大将戦で中原が田中伶奈に「有効」優勢で敗れものの前衛が一本勝ちを並べて最終スコアは2-1、大過なくベスト8入り決定。

桐蔭学園は永田実由、渡邊明日香、朝飛七海で布陣を固定、初戦(2回戦)の北海高(北海道)戦は後衛2枚の一本勝ちで2-0と快勝、3回戦は新田高(愛媛)をこれも渡邊と朝飛の一本勝ちにより2-1でフィニッシュ、ぶじ準々決勝進出を決めて来た。

[Dブロック準々決勝]

敬愛高(福岡) 2-1 桐蔭学園高(神奈川)
(先)西尾果連×引分×永田実由
(中)都留麻瑞〇出足払(0:16)△渡邊明日香
(大)中原爽〇優勢[技有]△朝飛七海

敬愛が快勝。先鋒戦の引き分けを受けた中堅・都留麻瑞がこの日ここまで2連勝の渡邊明日香からあっという間の出足払「一本」。続く桐蔭学園の大将・朝飛七海が70kg級の選手であることを考えればビハインドを背負わせたこの時点でほぼ勝負あり、大将戦は体重115kgの中原爽が大内返「有効」、上四方固「技有」とポイントを積んで粘る朝飛を攻略。スコア2-1で準決勝への勝ち上がりを決めた。

結果決まった準決勝カードは、

南筑高(福岡) - 大成高(愛知)
夙川学院高(兵庫) - 敬愛高(福岡)

の2試合となった。

【Dブロック1回戦結果】

鶯谷高(岐阜) 2-1 沖縄尚学高(沖縄)
高川学園高(山口) 2-1 國學院栃木高(栃木)
北海高(北海道) ①代-1 箕島高(和歌山)
新田高(愛媛) 3-0 柳ケ浦高(大分)

【Dブロック2回戦結果】

敬愛高(福岡) 3-0 高川学園高(山口)
鶯谷高(岐阜) ①-1 津幡高(石川)
桐蔭学園高(神奈川) 2-0 北海高(北海道)
新田高(愛媛) 3-0 秋田北高(秋田)

【Dブロック3回戦結果】

敬愛高 2-1 鶯谷高
桐蔭学園高 2-1 新田高

【Dブロック準々決勝結果】

敬愛高 2-0 桐蔭学園高

※ eJudoメルマガ版4月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.