PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

女子日本代表がレスリング代表と合同練習、近藤亜美、阿部詩らが吉田沙保里の胸を借りる

(2017年4月10日)

※ eJudoメルマガ版4月10日掲載記事より転載・編集しています。
女子日本代表がレスリング代表と合同練習、近藤亜美、阿部詩らが吉田沙保里の胸を借りる
eJudo Photo
選手たちの前で美声を披露する吉田沙保里選手兼任コーチ

女子日本代表が、今年度最初の強化合宿をスタート。初日となる10日、味の素ナショナルトレーニングセンターにて報道陣に練習を公開した。

14日まで行われる今回の合宿では、3日間にわたって女子レスリング代表チームとの合同練習(10日~12日まで)が組まれている。この企画は柔道側からのオファーで実現したもので、増地克之監督は「女子レスリングの最後まで諦めない姿勢やフィジカル面の強さを学びたい」と目的を語った。

初日の練習はレスリング場で行われ、歌手の伊東真紀による女子レスリングの名門・至学館大学校歌「夢追人」のミニライブからスタート。五輪3連覇の吉田沙保里選手兼任コーチが飛び入りで熱唱を披露するなど、柔道とは全く違う女子レスリングチームの雰囲気に柔道サイドは終始圧倒されていた。

ウォーミングアップとタックル練習の後にはリオデジャネイロ五輪金メダリストの川井梨紗子や土性沙羅も参加してレスリングルールでのスパーリングが行われた。柔道女子代表選手たちは柔道着を着用しない状況やレスリング勢のタックル攻勢に苦戦しながらも、投技を決めたり抑込技でフォールを奪うなどそれぞれの持ち味を発揮して練習をこなした。この練習では吉田選手兼任コーチが近藤亜美(三井住友海上)と阿部詩(夙川学院高2年)に胸を貸す場面も見られ、阿部は練習後に「体幹が強く浮かない、敵いませんでした」と「霊長類最強女子」と対戦した感想を興奮気味に語っていた。

スパーリングの後には10人制での相撲対抗戦が行われ、4対6とレスリング側が勝ち越したものの、「これに勝った方が勝ち!」と突如提示された特別ルールで行われた大将戦を田代未来(コマツ)が制して、柔道側が勝利した。

夜のミーティングでは栄和人強化本部長と吉田による、経験や精神面についての講義が行われる予定となっている。

増地克之監督女子監督および、栄和人レスリング強化本部長、柔道・レスリング両ジャンル各選手のコメントは下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.