PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第27回

(2017年4月10日)

※ eJudoメルマガ版4月10日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第27回
柔道を教える方法の一として、講義は欠くべからずものである。
出典:「講道館柔道講義 第四回」
国士1巻6号 明治32年(1899)3月(『嘉納治五郎大系』3巻,16頁)
 
嘉納治五郎師範は、講道館柔道の修行には数々の得るものがあると述べています。それは身体的なものはもちろん精神的なものもあわせた広範に亘るものになります。
 
我々が柔道という言葉を使うとき、それは乱取とその乱取に基づく競技が主になるでしょう。そういった中で、柔道修行の身体面におけるメリットは分かりやすいですが、精神面はどうでしょう?厳しい稽古や環境を経験することにより、精神面が強くなるといったことはよく耳にするところです。

ただ、精神面の成長について、全てではないにしても、師範は<むやみやたらに形・乱取をしても出来るものではない>と言っています。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.