PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート⑤準決勝

(2017年4月5日)

※ eJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。
第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート⑤準決勝
eJudo Photo
桐蔭学園の次鋒村尾三四郎が副将棚橋慎之介から内股「一本」

桐蔭学園高(神奈川)○三人残△延岡学園高(宮崎)
(先)賀持喜道○優勢[僅差]△吉野弘人(先)
(先)賀持喜道×引分×岩佐哲汰(次)
(次)村尾三四郎○優勢[僅差]△小島孝太(中)
(次)村尾三四郎〇内股(0:54)△棚橋慎之介(副)
(次)村尾三四郎×引分×羽田野竜輝(大)
(中)佐藤虎太郎
(副)千野根有我
(大)関根聖隆

九州ブロック王者の延岡学園という難敵を畳に迎えた桐蔭学園だが、この試合は快勝。先鋒賀持喜道が相手方の抜き役吉野弘人を相手に飛び込みの左内股、さらに前技フェイントの小外掛と後の先も強い吉野に怖じず取り味のある技を連発。2分過ぎにはステップを切っての左内股で腰に乗せ掛かる場面も作り出し、残り25秒でついに2つ目の「指導」を得て僅差の優勢勝ちを果たす。賀持は続く岩佐哲汰戦は手堅く戦い、ともに「指導」2つずつを失う形で引き分け。リードを保って後衛に襷を繋ぐ。

続いて畳に上がった村尾三四郎はケンカ四つの小島孝太を左内股で追い詰め、3つの「指導」を奪って優勢勝ち。村尾はさらに相手方の副将棚橋慎之介との戦いも積極的、ケンカ四つの相手が距離を詰めようと寄せを試みた瞬間先んじて左内股。あっという間に体を捨てて、両者ともに畳から一瞬浮き上がる鮮やかな「一本」。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.