PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]高校2年生素根輝が最重量級を制覇、70kg級は新井千鶴が初優勝飾る・平成29年全日本選抜柔道体重別選手権第1日女子

(2017年4月1日)

※ eJudoメルマガ版4月1日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]高校2年生素根輝が最重量級を制覇、70kg級は新井千鶴が初優勝飾る
平成29年全日本選抜柔道体重別選手権第1日女子
eJudo Photo
78kg超級準決勝、素根輝が山部佳苗から左背負投「技有」

体重別で柔道日本一を争う平成29年全日本選抜柔道体重別選手権が1日、福岡国際センター(福岡市)で開幕。初日の女子は63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級の4階級の競技が行われ、78kg超級は素根輝(南筑高2年)が初優勝した。

1回戦の井上愛美(JR九州)戦をGS延長戦「指導2」の優勢で勝ち上がった素根は、準決勝でリオデジャネイロ五輪銅メダリストの山部佳苗(ミキハウス)と対戦。合計試合時間11分に迫る消耗戦の末に背負投「技有」を獲得して勝利を挙げると、決勝では稲森奈見(三井住友海上をこれも延長戦の末に体落「技有」で破って優勝を決めた。素根はビッグタイトル獲得に試合後は満面の笑み、勝因を問われると「勝ちたい気持ちが強いこと」と答えて誇らし気だった。グランドスラム東京とグランドスラム・パリを連勝して戦前世界選手権代表候補の一番手に挙げられていた朝比奈沙羅(東海大3年)は初戦で山本沙羅(ミキハウス)に敗れた。

70kg級は新井千鶴(三井住友海上)が念願の初優勝達成。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.