PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート④準々決勝

(2017年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。
第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート④準々決勝
eJudo Photo
長崎日大高の副将永田賢斗が、桐蔭学園高の中堅・湯本祥真から払巻込「一本」

桐蔭学園高 ○一人残し△長崎日大高
(先)賀持喜道×引分×ニコー・グディエレッヅエ(先)
(次)村尾三四郎×引分×蠣﨑洸太(次)
(中)湯本祥真○優勢[有効]△山口雅矢(中)
(中)湯本祥真△払巻込(0:18)○永田賢斗(副)
(副)千野根有我○優勢[僅差]△永田賢斗(副)
(副)千野根有我△袈裟固(0:49)○山口貴也(大)
(大)関根聖隆○優勢[技有]△山口貴也(大)

先鋒戦は桐蔭学園・賀持喜道が左相四つのニコー・グディエレッヅエを相手に大内刈、大外刈、支釣込足と次々取り味のある技を繰り出すが、この試合も懐の深いニコーを崩し切れず、奪ったポイントは1分52秒に挙げた「指導」ひとつのみ。後半は手ごたえを得たニコーが奥襟を叩いて攻め返し、この試合は引き分け。そして次鋒戦も村尾三四郎がケンカ四つの蠣﨑洸太を攻略出来ず、片手状態からの左一本背負投の侵入も許して得点の気配は薄し。55秒双方に片手の咎で「指導」、村尾の猛攻を受けて残り11秒で蠣崎に「指導2」が入るが、この第2試合も結局引き分けに終わる。賀持、村尾と注ぎ込んで無得点の桐蔭学園はこの試合も苦戦気配を払拭できず。

第3試合では湯本祥真が山口雅矢に「有効」優勢で勝利して桐蔭学園が先制に成功するも、続く第4試合では湯本が永田賢斗の払巻込で吹っ飛んで「一本」。ここでスコアはタイ、ただし勝ちぶりの良さと挑む立場の強さを考えれば以降の流れは長崎日大が獲ってもおかしくないところ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.