PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第39回全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級マッチレポート

(2017年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。
第39回全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級マッチレポート
■ 48kg級・安部風花が混戦トーナメント制し初戴冠
eJudo Photo
48kg級準々決勝、安部風花が佐藤茉優(前橋育英高)を送襟絞「一本」で下す

優勝候補筆頭の金知秀(兵庫・夙川学院高)が欠場し、混戦となったトーナメントを決勝まで勝ち上がったのは安部風花(東京・国士舘高)と和田君華(愛知・大成高)の二人。安部は決勝まで5戦して4つの一本勝ちを収める好調な勝ち上がりで決勝の畳へ上る。対する和田は、準々決勝で久保井仁菜(京都・京都文教高)を「指導1」の僅差による優勢、準決勝で、渋谷舞(静岡・東海大翔洋高)を下して勝ち上がった芳田真(滋賀・比叡山高)を「指導2」の僅差による優勢勝ち、と強豪選手との粘戦を切り抜けて決勝進出を決めた。

eJudo Photo
48kg級決勝、安部が左袖釣込腰で和田君華を攻める

決勝は安部、和田ともに左組みの相四つ。
開始1分間は、和田が徹底して引き手で袖を絞り、安部がこれに応じる形で絞り合いの展開。互いに組み手不十分のうちに和田が両袖の左内股と右袖釣込腰で先手を打ち、ひとまず攻勢権を獲る。

ここまでで安部は絞り合いからの攻防が和田の生命線と判断した模様。付き合っては埒が明かぬとばかりに、先に引き手で袖を握ると和田に絞らせたまま左釣り手の肘を上げ、左袖釣込腰の形で腰を当て牽制。和田が過敏に反応して膝を畳に着くとその立ち際に今度は一段腰を深く入れて左袖釣込腰に入る。これは和田が裏に抜けて畳に伏せてノーポイントのまま「待て」が掛かるが、このシークエンスを以って両者の力関係と試合の構図が確定した感あり。直後、再び安部が組み際の左袖釣込腰で攻め込むと、あくまで引き手で袖を絞ることに拘った和田に、故意に膠着を作り出した咎で「指導1」が与えられる。経過時間は1分10秒。

その後は、釣り手の肘を上げての左袖釣込腰に手応えを得た安部が試合の流れを支配、先手を獲り続けて和田に反撃のきっかけを与えないまま試合は終了。結果「指導1」の僅差を以って安部が優勢勝ち、見事初優勝を決めた。

この試合、安部の出方によっては掛け潰れの応酬という泥仕合になる可能性も大いにあったが、安部が状況を打破する手立てを所持していたことによって地力の差がしっかり展開に反映された形となった。

eJudo Photo
48kg級優勝の安部風花

【入賞者】
優 勝:安部風花(東京・国士舘高)
準優勝:和田君華(愛知・大成高)
第三位:溝口愛歌(埼玉・埼玉栄高)、芳田真(滋賀・比叡山高)
第五位:江本陽香(広島・広陵高)、東川芽生(千葉・八千代高)、久保井仁菜(京都・京都文教高)、渋谷舞(静岡・東海大翔洋高)

安部風花選手のコメント
「今大会は運に恵まれました。今までは肝心なときに妥協していたと思うんですが、今日は最後まで攻め抜こうと思っていました。決勝でもこの気持ちを持ち続けられたことが勝因だと思います。得意技は背負投と小外刈、この勢いでインターハイ優勝も狙います。高校柔道残り1年、後悔しないようにしっかりやろうと思っています。将来は世界で活躍できる選手になりたい。」

【準々決勝】

安部風花○送襟絞(0:39)△江本陽香
溝口愛歌○GS優勢[有効](GS0:49)△東川芽衣
和田君華○優勢[僅差]△久保井仁菜
芳田真○GS優勢[僅差](GS4:18)△渋谷舞

【準決勝】

安部風花○優勢[僅差]△溝口愛歌
和田君華○優勢[僅差]△芳田真

【決勝】

安部風花○優勢[僅差]△和田君華

■ 52kg級・大本命の阿部詩が初優勝果たす、決勝では鮮やかな「一本」披露
eJudo Photo
52kg級準々決勝、阿部詩が中村愛香莉(藤枝順心高)から腕緘「一本」を奪う

グランドスラム東京2位、グランプリ・デュッセルドルフ優勝の実績を持つ大本命・阿部詩(兵庫・夙川学院高)が順当に決勝に勝ち上がる。徹底警戒される中、3つの一本勝ちをすべて寝技で奪う安定した勝ち上がり。

決勝で阿部と対戦するのは、児玉風香(愛媛・新田高)。児玉は3回戦で昨年の大会覇者・富沢佳奈(埼玉・埼玉栄高)をGS延長戦の末「有効」優勢で撃破、さらに準決勝では昨年のインターハイ王者の瀧川萌(滋賀・比叡山高)をGS延長戦で内股「技有」を奪って破る快進撃を見せ、見事阿部への挑戦権を得た。

eJudo Photo
52kg級決勝、阿部が見事な袖釣込腰で児玉風香から「一本」

決勝は両者右組みの相四つ。
試合開始とともに、試合場中央で両者が激しく衝突。互いに忙しく掴んでは切る動作を繰り返す激しい組み手争いの中、阿部が瞬間的に引き手で袖口付近を握る。この好機を逃すまいと阿部が釣り手で奥襟を叩きに行くと、児玉は下がらず、引き手を前に突き出し阿部の釣り手を抑えに掛かる。釣り手が容易に相手の襟に届かないと見た阿部は奥襟を取るのと同じモーションで釣り手を振りかぶると、その動きに付いてきた児玉の引き手の袖をキャッチ。両袖を確保した瞬間、ぬるりと釣り手を畳んで打点の高い右袖釣込腰に滑り込む。突然目の前から相手がいなくなった形となった児玉の体は完全に伸びきり剛体に、そのまま阿部の背中に沿うようにして体が宙に浮かび上がる。阿部は自分の背中に乗った児玉を見事にコントロールし背中から畳に着地させると、最後は両手を引いて決めも十分。主審が迷わず「一本」を宣告し勝負あった。試合時間は僅か21秒、会場内全体からため息が聞こえてくるような美しい袖釣込腰を披露して、大本命阿部が初優勝を飾った。

eJudo Photo
52kg級優勝の阿部詩

【入賞者】
優 勝:阿部詩(兵庫・夙川学院高)
準優勝:児玉風香(愛媛・新田高)
第三位:三浦百香(神奈川・三浦学苑高)、瀧川萌(滋賀・比叡山高)
第五位:中村愛香莉(静岡・藤枝順心高)、今泉百花(群馬・常盤高)、岡村希実(香川・高松中央高)、坪根菜々子(福岡・沖学園高)

阿部詩選手のコメント
「すごく緊張しました。グランプリ・デュッセルドルフよりも緊張していた。優勝したい気持ちが大きかったからだと思います。出来は50点です。苦手なケンカ四つの相手が4人続いて、決勝だけが右相四つ。この試合だけは思い切りいけて、『一本』が取れました。今後も思い切りのある柔道を心掛けなければと思いました。狙って獲った優勝は自信になります。」

【準々決勝】

阿部詩○腕緘(0:52)△中村愛香莉
三浦百香○優勢[僅差]△今泉百花
児玉風香○縦四方固(0:38)△岡村希実
瀧川萌○優勢[僅差]△坪根菜々子

【準決勝】

阿部詩○優勢[僅差]△三浦百香
児玉風香○GS優勢[技有・内股](GS1:49)△瀧川萌

【決勝】

阿部詩○袖釣込腰△児玉風香

■ 57kg級・香川瑞希が骨太の柔道を展開、初優勝を飾る
eJudo Photo
57kg級決勝、負傷で既に死に体と思われた若藤唯が内股で反撃

eJudo Photo
香川瑞希が若藤を小外刈から浴びせ倒して「技有」奪取

決勝に進出したのは第1シードの若藤唯(神奈川・桐蔭学園高)と第2シードの香川瑞希(広島・広島皆実高)の優勝候補二人。若藤は古賀ひより(岡山・創志学園高)に「指導2」の僅差で優勢勝ち、香川は明石ひかる(東京・渋谷教育学園渋谷高)を内股「有効」、横四方固「有効」で優勢勝ちと、両者ともに準決勝で山場を一つ超えての決勝進出となった。

決勝は香川が右、若藤が左組みのケンカ四つ。
試合開始早々、若藤にトラブル発生。若藤が勢い込んで釣り手で奥襟を確保すると、香川は落ち着いて釣り手を下から入れて対処、引き手で若藤の釣り手を弾いて態勢を整えつつ、左の「小内払い」、さらに右小外刈と前に出ている若藤の左脚を連続で蹴る。すると牽制技といえるこの技に若藤は不自然に大きく崩れ畳に伏せ「待て」。どうやら負傷していた左膝を捻った模様、若藤は苦悶の表情を見せてなかなか立ち上がれない。

その後なんとか若藤が開始線に戻り試合が再開されると、ここが勝負どころとみた香川は右小外刈を飛ばしながら圧力を掛け、あっという間に2つの「指導」を奪い獲る。試合時間は残り1分、若藤の負傷に香川の決定的なリードともはや試合の趨勢は決した感あり。

しかし、残り30秒で若藤が奮起、肩越しに釣り手を背中に入れ、引き手で襟を握ると左内股、釣込腰と取り味十分の攻撃を見せる。意外な反撃を受けた香川はこのままむやみに試合を長引かせては何が起こるか分からぬと直感したか、直後のシークエンスで止めを刺すべく再び左「小内払い」と右小外刈の連続攻撃を放つ。

負傷した足をワンツーで蹴られた形の若藤が耐えられず膝を着くと香川は胸を合わせて浴びせ倒し「技有」奪取、そのまま横四方固で抑え込んで勝負は決着。試合時間は3分目一杯、合技「一本」で香川が決勝を制し、全国高校選手権初優勝を飾った。相手の負傷を度外視しても、香川の地力の高さは明らか。しっかりその力を試合に反映した試合振りであった。対する若藤も試合開始早々にアクシデントに見舞われながら最後まで闘志を萎えさせず戦い切った精神力は賞賛に値する。両選手の闘争心の高さが際立つ好試合であった。

eJudo Photo
57kg級優勝の香川瑞希

【入賞者】
優 勝:香川瑞希(広島・広島皆実高)
準優勝:若藤唯(神奈川・桐蔭学園高)
第三位:古賀ひより(岡山・創志学園高)、明石ひかる(東京・渋谷教育学園渋谷高)
第五位:角田奈々(埼玉・埼玉栄高)、山上春奈(静岡・藤枝順心高)、森部真於(愛知・大成高)、大幸瞳子(長崎・長崎明誠高)

香川瑞希選手のコメント
「すごくうれしいです。1年生の時は負けてしまって、今回は必ず勝とうと心に決めていました。勝因は足技がしっかり出たことだと思います。技の種類を増やして、もっと磨いていきたい。組み手が下手なので、これが課題だと思います。インターハイ、全日本ジュニアでも優勝を目指します」

【準々決勝】

若藤唯○GS優勢[技有・](GS6:10)△角田奈々
古賀ひより○優勢[僅差]△山上春奈
香川瑞希○優勢[有効・]△森部真於
明石ひかる○内股(0:17)△大幸瞳子

【準決勝】

若藤唯○優勢[僅差]△古賀ひより
香川瑞希○優勢[有効・内股]△明石ひかる

【決勝】

香川瑞希○合技[小外刈・横四方固](3:09)△若藤唯

■ 63kg級・結城彩乃が初優勝、決勝は地力の差見せつける
eJudo Photo
63kg級準々決勝、結城彩乃が佐藤沙真亜(小牛田農林高)を崩上四方固「一本」で下す

決勝に勝ち残ったのは浦明澄(岡山・創志学園高)と結城彩乃(山梨・富士学苑高)の二人。浦はオール一本勝ちでベスト4入りを決め、極めて好調。準決勝では、昨年インターハイ2位の岡田萌(兵庫・夙川学院高)を破って勝ち上がった杵渕萌(静岡・東海大翔洋高)から「指導3」を奪い、僅差による優勢勝ちで決勝進出を決めた。一方、昨季の全国中学大会を制している結城も準決勝で実力者嘉重春樺(大阪・東大阪大敬愛高)を「指導2」の僅差による優勢勝ちで破り、大きな山を超えた形で決勝の畳へ上がる。

eJudo Photo
63kg級決勝、結城が浦の大外刈を返す。この攻防以降結城の優位が確定。

決勝は両者左組みの相四つ。
序盤、浦がいきなり組み際に打点の高い左一本背負投で結城を背中に乗せ見せ場を作ると、次のシークエンスでも再び組み際に先んじて片袖の左体落を放ち、結城は大きく崩れる。主審はこのふたつの攻撃を以って浦の攻勢を採り、結城に「指導1」を宣告。経過時間は42秒、序盤は浦の奇襲が功を奏した形となる。

ここまで出会い頭に浦の技を受けてしまった結城はここから反撃。浦が組み際に片襟の左大外刈に飛び込むと、結城は釣り手を浦の首に回して抱き留め、そのまま浴びせ倒すようにして大外返を狙う。これは浦が辛うじて体を捻って着地し難を逃れるが、この攻防で試合の流れは一変、自信を持って相手の首に釣り手を入れるようになった結城の地力の高さが浦を段々と捉え始める。

結城が奥襟を確保し圧力を掛けると浦が左一本背負投を掛け潰れ、1分41秒に浦に偽装攻撃の「指導1」。これでスコアは振り出し、その後も結城が結城が相四つクロスから左大外刈、左体落と攻め続けるが本戦はポイント動かず終了。勝負はGS延長戦へと突入する。

延長戦に入ると結城優位の展開は加速。結城が奥襟を確保して攻めると、浦は絞り合いに持ち込み流れを変えようと試みるが、これも結城が絞らせたまま左内股巻込に入り付き合わず、試合の流れは変わらない。もはや決着は時間の問題となったGS52秒、結城が釣り手で奥襟を確保して圧を掛けると、浦が堪られず両手を離しての左体落で掛け潰れる。この攻防を見届けると主審が試合を止め、副審二人を招集。合議の末、浦に偽装攻撃の咎でふたつ目の「指導」が与えられ試合は終着。結城が「指導2」対「指導1」の僅差を以って優勢勝ちを決めた。序盤こそ不用意に浦の技を受けて相手を勢いづかせた感はあるが、その後の展開では浦を圧倒。結城の地力の高さが際立った試合だったが、これを畳に反映ならしめたのは序盤の攻防を見て組み手の戦略を変えた戦術眼の高さ。結城の完勝だった。

eJudo Photo
63kg級優勝の結城彩乃

【入賞者】
優 勝:結城彩乃(山梨・富士学苑高)
準優勝:浦明澄(岡山・創志学園高)
第三位:杵渕萌(静岡・東海大翔洋高)、嘉重春樺(大阪・東大阪大敬愛高)
第五位:石綿咲希(群馬・常盤高)、井石あずさ(長崎・長崎明誠高)、佐藤沙真亜(宮城・小牛田農林高)、千葉ひとみ(岩手・盛岡南高)

結城彩乃選手のコメント
「優勝してホッとしました。『指導』を獲られて焦りましたが勝てて良かった。3分間はあっという間、GSは気力で頑張りました。試合は物凄く緊張しました。準決勝でいままで勝ったことがない嘉重選手に勝てたのですが、開き直って気持ちで戦った、この試合が大きかったです。舟久保(遥香)先輩が2年生で優勝した大会ですが、私は1年生で勝てたので先輩を超えたと思っています(笑)。」

【準々決勝】

杵渕萌○支釣込足(0:36)△石綿咲希
浦明澄○合技(2:22)△井石あずさ
結城彩乃○崩上四方固(0:52)△佐藤沙真亜
嘉重春樺○背負投(1:17)△千葉ひとみ

【準決勝】

浦明澄○優勢[僅差]△杵渕萌
結城彩乃○優勢[僅差]△嘉重春樺

【決勝】

結城彩乃○GS優勢[僅差](GS0:52)△浦明澄

■ 女子無差別・大本命素根が5戦して4つの一本勝ち、圧勝で大会駆け抜ける
eJudo Photo
女子無差別2回戦、素根輝が澤崎莉子(東海大静岡翔洋高)から体落で「技有」を奪う

グランドスラム東京2位、グランプリ・デュッセルドルフ3位の大本命・素根輝(福岡・南筑高)が順当に決勝進出。準決勝の田中伶奈(岐阜・鶯谷高)戦「僅差」優勢以外は全て一本勝ちの堂々たる勝ち上がりで決勝の畳へ上がる。

もう一方の決勝進出者は、第2シードの和田梨乃子(愛知・大成高)。和田もオール一本勝ちでベスト4入りを決めると、準決勝では前戦で高橋瑠璃(東京・帝京高)を僅か25秒の大外刈「一本」で下している松田美悠(富山・小杉高)と対戦。ともに皇后盃出場を決めている選手同士のハイレベル対決を「指導1」の僅差で勝ち抜き、見事決勝進出を決定した。

eJudo Photo
女子無差別決勝・素根が和田梨乃子から大内刈で「技有」奪取

決勝は左相四つ。互いに引き手で襟を突き合うとそこから素根が丁寧な組み立て、まず釣り手で和田の釣り手を捕まえ、次いでここに引き手を合わせて袖口付近の拘束が最も効く部分を握って和田の釣り手を封じ込める。両手を使って相四つの生命線である引き手の袖を確保した形、このまま引き手を利かせて相手を場外際まで押し込み、次いで相手が回り込んだ所に得意の片襟の左大内刈を放つ。と、組み手争いから決め技に入るここまでの組み立ては完璧であったが、これは刈り足が外れてしまい素根自ら仰け反ったままバランスを崩す。伏せたところに和田が左大外刈で反撃を見せ「待て」。経過時間は1分、ここまでは主導権を握るのは素根だが、決定機を得たのは和田の方という展開。

その後も素根が引き手の絞りを利かせ、釣り手をクロスに入れての左大外刈で先手を取るが、和田も決して退かず一方的な展開は許さない。技は出るが試合は動かない膠着が続き、両者の組み手が噛み合わなくなった1分56秒双方に「指導1」が与えられる。

互いに決め手なく試合が進んだ試合終盤、素根がクロス組み手から左釣込腰で攻めて山場を作ろうと試みると、和田も負けじと左内股巻込を仕掛ける。素根はこれを襟を握った引き手で突っ張って耐えると和田の戻り際に片襟の左大内刈に飛び込み、決定的な「技有」を奪う。素根はそのまま胸を合わせて横四方固でがっちり抑え込み二つ目の「技有」獲得。合技「一本」で試合は終了となった。序盤にあわやポイント失陥の危機を招いた片襟の左大内刈を、怖がらずに再度仕掛けて試合を決めた度胸はさすがの一言。1年生・素根が見事今季の高校女子無差別王者の座を獲得した

eJudo Photo
女子無差別優勝の素根輝

【入賞者】
優 勝:素根輝(福岡・南筑高)
準優勝:和田梨乃子(愛知・大成高)
第三位:田中伶奈(京都・鶯谷高)、松田美悠(富山・小杉高)
第五位:古賀早也香(広島・広陵高)、朝飛七海(神奈川・桐蔭学園高)、遠藤遥(福島・喜多方桐桜高)、高橋瑠璃(東京・帝京高)

素根輝選手のコメント
「優勝はうれしいです。ただ、課題が見つかったのでむしろそれが良かったかなと思います。具体的には、逃げる相手をしっかり捕まえて戦うことです。グランプリ・デュッセルドルフを戦って、気持ちは強くなったかなと思います。今後もひとつひとつ頑張っていきます」

【準々決勝】

素根輝○袖釣込腰(2:22)△古賀早也香
田中伶奈○合技(1:25)△朝飛七海
和田梨乃子○袈裟固(0:50)△遠藤遥
松田美悠○大外刈(0:25)△高橋瑠璃

【準決勝】

素根輝○優勢[僅差]△田中伶奈
和田梨乃子○優勢[僅差]△松田美悠

【決勝】

素根輝○合技[大内刈・横四方固](2:41)△和田梨乃子


取材・文:原輝地
編集:古田英毅

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.